1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

2010年5月25日

第78回 GCOEセミナー

1.「ARC新規収蔵京都名所写真帖と絵葉書コレクションの紹介及び京都名所図閲覧システムの改良構想について」
講師: 彬子女王(PD / 京都文化研究班)

2.「京都市内の染織関連資料の現状と活用への課題」
Current Conditions of historical materials on modern textile in Kyoto
講師:山本真紗子(PD / 京都文化研究班)

3.「近世艶本総合データベースについて」
A comprehensive database of erotic books in the Edo Period
講 師:石上阿希(PD / 日本文化研究班)

日時:5月25日(火) 18:00-19:30(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサー チセンター 多目的ルーム
 【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)
 
※ 一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、ak- ishi■lt.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、石上)。
※本拠点研究メンバー ですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2010/haihusiryo-index.html

発 表要旨は、「続きを読む」をご覧下さい。

続きを読む>>

2010年5月18日

第77回 GCOEセミナー

■第77回 5月18日(火)

1. バトジャルガル ビルゲサイハン Batjargal Biligsaikhan(RA / デジタルアーカイブ技術研究班 / 立命館大学大学院理工学研究科 D1)
「統合検索システムの提案 — 言語・時代を越えた検索のために。。。」
Approach to a Federated Searching System: Cross-period and Cross-language Information Retrieval

2. ワラワット チョエンサワット Worawat Choensawat(RA / デジタルアーカイブ技術研究班 / 立命館大学大学院理工学研究科 D2)
Description and Reproduction of Stylized Traditional Dance Body Motion by Using Labanotation

3.崔 雄 Woong Choi(PD / デジタルアーカイブ技術研究班)
「バーチャル山鉾巡行」
Virtual Yamahoko Parade

日時:5月18日(火) 18:00-19:00(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
 【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)
 
※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、ak-ishi■lt.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、石上)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2010/haihusiryo-index.html

発表要旨は、「続きを読む」をご覧下さい。

続きを読む>>

2010年5月11日

第76回 GCOEセミナー

 

■第76回 5月11日(火)

1. 本多健一(RA / 歴史地理情報研究班 / 立命館大学大学院文学研究科D2)
「中世京都の祭礼における 鉾の変容-その基礎的考察(後編)-」
Changes of Hoko (Pike) as Festival Tool in Medieval Kyoto (The Latter Part)

2. 赤間亮  (事業担当推進者/日本文化研究班/文学部教授)
「日本文化研究のための画像ポータルDBとプライベイトDB」
The Image portal database for study of Japanese culture and the private database

日時:5月11日(火) 18:00-19:00(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
 【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)
 
※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、ak-ishi■lt.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、石上)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2010/haihusiryo-index.html

発表要旨は、「続きを読む」をご覧下さい。

続きを読む>>

2010年5月 1日

GCOEセミナー 2010年5月のプログラム

■第76回 5月11日(火)>詳細
1. 本多健一(RA / 歴史地理情報研究班 / 立命館大学大学院文学研究科D2)
「中世京都の祭 礼における 鉾の変容-その基礎的考察(後編)-」
Changes of Hoko (Pike) as Festival Tool in Medieval Kyoto (The Latter Part)

2. 赤間亮  (事業担当推進者/日本文化研究班/文学部教授)
※後日更新

■第77回 5月18日(火)>詳細
1. バトジャルガル ビルゲサイハン Batjargal Biligsaikhan(RA / デジタルアーカイブ技術研究班 / 立命館大学大学院理工学研究科 D1)
「統 合検索システムの提案 — 言語・時代を越えた検索のために。。。」
Approach to a Federated Searching System: Cross-period and Cross-language Information Retrieval

2. ワ ラワット チョエンサワット Worawat Choensawat(RA / デジタルアーカイブ技術研究班 / 立命館大学大学院理工学研究科 D2)
Description and Reproduction of Stylized Traditional Dance Body Motion by Using Labanotation

3.崔 雄 Woong Choi(PD / デジタルアーカイブ技術研究班)
「バーチャル山鉾巡行」
Virtual Yamahoko Parade

■第78回 5月25日(火)>詳細
1.「ARC新規収蔵京都名所写真帖と絵葉書コレクションの紹介及び京都名所図閲覧システムの改良構想について」
講 師: 彬子女王(PD / 京都文化研究班)

2.「京都市内の染織関連資料の現状と活用への課題」
Current Conditions of historical materials on modern textile in Kyoto
講師:山本真 紗子(PD / 京都文化研究班)

3.「近世艶本総合データベースについて」
A comprehensive database of erotic books in the Edo Period
講 師:石上阿希(PD / 日本文化研究班)

日時:各日 18:00-19:00(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
 【BKC】 インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)
 
※一般の方もインターネットでセミナーにご参 加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、ak-ishi■lt.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてくださ い)まで、その旨ご連絡ください(担当、石上)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開 催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2010/haihusiryo-index.html

 

2010年4月20日

第75回 GCOEセミナー

■第75回 4月20日(火)

1.  彬子女王(PD / 京都文化研究班)・前崎信也(PD / 日本文化研究班)・松葉涼子(PD / 日本文化研究班)・鈴木桂子  (特別招聘教員/リサーチ・マネージャー)
「北米日本研究資料調整協議会及びアジア学会年次総会での発表報告」
A Report on Our Presentations at the NCC 3-D Conference and the AAS Annual Meeting 2010

日時:4月20日(火) 18:00-19:00(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
 【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)
 
※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、ak-ishi■lt.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、石上)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2010/haihusiryo-index.html

発表要旨は、「続きを読む」をご覧下さい。

続きを読む>>

2010年4月13日

第74回 GCOEセミナー

■第74回 4月13日(火)

1. 前崎信也(PD / 日本文化研究班)・服部憲治(拠点研究支援者)
「日本陶磁器データベースの紹介」
An introduction of the Japanese Ceramics Database

2. 細井浩一  (事業担当推進者/Web活用技術研究班/映像学部教授)
「仮想空間におけるデジタル・ヒューマニティーズ研究の可能性と展望」
Possibility and prospect of research on disital humanities in metaverse

日時:4月13日(火) 18:00-19:00(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
 【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)
 
※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、ak-ishi■lt.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、石上)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2010/haihusiryo-index.html

発表要旨は、「続きを読む」をご覧下さい。

続きを読む>>

2010年4月 2日

番外編(Vol.18) GCOEセミナー

 

ゲストの講師をお迎えしてのセミナーになります。

役者摺物が語るもの―歌舞伎と狂歌との文化交流をめぐって―」

Great actors shining on sparkling surimono:
mutual social confirmation within the kabuki-kyōka connection

講師:Daan Kok(ダン・コック)氏/ライデン大学博士課程・前ベルギー王立美術歴史博物館東洋部主任学芸員


日時: 2010年4月2日(金)12:00-13:30
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
        【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
          参加無料(予約不要)
 
 
※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、rmv28010■lt.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、松葉)。

※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。

※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2010/haihusiryo-index.html

 

発表要旨は、「続きを読む」をご覧下さい。
 

 

続きを読む>>

2010年4月 1日

GCOEセミナー 2010年4月のプログラム

■番外編 第18回 4月2日(金)12:00~13:30>詳細
※定例の火曜日ではないのでご留意ください
 会場:立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
 Daan Kok (ライデン大学博士課程・前ベルギー王立美術歴史博物館東洋部主任学芸員)
「役者摺物が語るもの-歌舞伎と狂歌との文化交流をめぐって-」
Great actors shining on sparkling surimono:
mutual social confirmation within the kabuki-kyōka connection

■第74回 4月13日(火)>詳細
1. 前崎信也(PD / 日本文化研究班)・服部憲治(拠点研究支援者)
「日本陶磁器データベースの紹介」
An introduction of the Japanese Ceramics Database

2. 細井浩一  (事業担当推進者/Web活用技術研究班/映像学部教授)
「仮想空間におけるデジタル・ヒューマニティーズ研究の可能性と展望」
Possibility and prospect of research on disital humanities in metaverse
 

■第74回 4月13日(火)>詳細
1.  彬子女王(PD / 京都文化研究班)・前崎信也(PD / 日本文化研究班)・松葉涼子(PD / 日本文化研究班)・鈴木桂子  (特別招聘教員/リサーチ・マネージャー)
「北米日本研究資料調整協議会及びアジア学会年次総会での発表報告」
A Report on Our Presentations at the NCC 3-D Conference and the AAS AnnualMeeting 2010

2010年3月30日

Web配信に7本の発表を追加しました。

2009年度のGCOEセミナーのうち、新しく7本の発表について、Web配信を開始しました。
どうぞご覧ください。

第49回 GCOEセミナー 2009年5月19日(火)
楠井 清文 「『外地』日本語文学データベースの構築と課題 ―日本文学・文化研究における活用を目的として―」
岡本 隆明 「立命館大学アート・リサーチセンター所蔵友禅図案の公開に向けた整理 ―本来のまとまりをいかに再現するか―」

第47回 GCOEセミナー 2009年4月28日(火)
谷 昇 「後鳥羽上皇の政治課題と公事・宗教儀礼」

第46回 GCOEセミナー 2009年4月21日(火)
Prof.Max Moerman 「想像の地理―仏教と日本の世界地図」

第10回 GCOEセミナー番外編 2009年4月13日(月)
Dr.Tao Cheng 「移送モデリングと伝染病感染分析のための、行動をベースとした時空間データモデル」
Dr.Alex Singleton 「Geodemographics2.0―地理的人口統計学モデルの仕様・評価・テストにおけるいくつかの展開」

第45回 GCOEセミナー 2009年4月9日(木)
Prof.Paul Longley 「GISと科学におけるいくつかの展開」

GOCセミナーのWeb配信一覧は、下記からご覧いただけます。
> 2009年度分
> 2008年度分
> 2007年度分
 

2010年3月30日

2009年度GCOEセミナー Web配信一覧

第58回 GCOEセミナー 2009年7月28日(火)

吉田 真澄「平安京 -貴族の移動経路から見て-」 

中尾 芙貴子「天神信仰の展開過程の一考察」 

高橋 幸恵「基本動作に着目した仕舞の形(かた)の分析」 

第57回 GCOEセミナー 2009年7月21日(火)
Bincsik Monika「From Museum display systems to databases, or how is art history produced?」 

花田 卓司 「文献史料上の地名情報について」 

第13回 GCOEセミナー番外編 2009年7月15日(水)
李 承信 「韓国の日本学研究の現状―植民地時代の日本語資料のDB構築とその活用を中心に―(仮題)」 

第56回 GCOEセミナー 2009年7月14日(火)
大矢 敦子 「"映画・演劇興行年表-大正期 京都編-(仮)"の構想と現状」 

金子 貴昭 「板木と板本―板木を通じて板本を見る―」 

第11回 GCOEセミナー番外編 2009年7月8日(火)
Daniel McKee 「The Semiotics of Surimono: The Construction of Meaning in Privately Commissioned and Distributed Woodblock Prints in Relation to Ritual and Poetic Precedents (摺物の記号論: 歌や儀式の痕跡に基づいた意味)」 

第54回 GCOEセミナー 2009年6月30日(火)
本多 健一 「中近世移行期における京都西陣道路網の変遷」 

瀬戸 寿一 「ネット時代における地理空間情報の新展開」 

桐村 喬 「20世紀京都における居住地域構造の変遷」 

第53回 GCOEセミナー 2009年6月23日(火)
加茂 瑞穂 「視覚資料による模様研究とその課題―日本模様データベース構築に向けて―」 

周 萍 「お岩役の成立―趣向を中心に―」 

David Jerome Putnam 「女形の役者絵から読み取る「個性」の発展 -初代中村富十郎 (1719-1786) から六世中村歌右衛門 (1917-2001) まで-」 

第52回 GCOEセミナー 2009年6月16日(火)
Kingkarn Sookhanaphibarn 「Digital museums in Second Life」 

第50回 GCOEセミナー 2009年6月2日(火)
岡本 隆明 「Text and Pictures in Japanese Historical Documents」 

第49回 GCOEセミナー 2009年5月19日(火)
■齊藤 ちせ 「イタリア文化財デジタル化政策の動向報告及び在伊日本美術コレクション整理の現状と可能性」
楠井 清文 「『外地』日本語文学データベースの構築と課題 ―日本文学・文化研究における活用を目的として―」
■前崎 信也 「松林靏之助とセント・アイヴス ―日本陶磁史関連史料のデジタル・データベース化への試み―」
岡本 隆明 「立命館大学アート・リサーチセンター所蔵友禅図案の公開に向けた整理 ―本来のまとまりをいかに再現するか―」  

第48回 GCOEセミナー 2009年5月12日(火)
■liset turino 「Sinners in the crossroad: parody and the subversion of authority in the oni kyōgen.」
■関口 博之、岡本 隆明 「デジタルヒューマニティーズワークショップ2009参加報告 -人文科学研究におけるコンピュータとネットワーク活用の実際-」

第47回 GCOEセミナー 2009年4月28日(火)
谷 昇 「後鳥羽上皇の政治課題と公事・宗教儀礼」  
■中村 彰憲 「日本的アニメーション/CG技術伝播に関する一考察:中国デジタルコンテンツ産業クラスターを事例として」※ Web配信は行いません。

第46回 GCOEセミナー 2009年4月21日(火)
Prof.Max Moerman 「想像の地理―仏教と日本の世界地図」  

第10回 GCOEセミナー番外編 2009年4月13日(月)
Dr.Tao Cheng 「移送モデリングと伝染病感染分析のための、行動をベースとした時空間データモデル」  
Dr.Alex Singleton 「Geodemographics2.0―地理的人口統計学モデルの仕様・評価・テストにおけるいくつかの展開」  

第45回 GCOEセミナー 2009年4月9日(木)
Prof.Paul Longley 「GISと科学におけるいくつかの展開」  

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10




  • GCOEセミナー

  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集