2010年4月 1日

GCOEセミナー 2010年4月のプログラム

■番外編 第18回 4月2日(金)12:00~13:30>詳細
※定例の火曜日ではないのでご留意ください
 会場:立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
 Daan Kok (ライデン大学博士課程・前ベルギー王立美術歴史博物館東洋部主任学芸員)
「役者摺物が語るもの-歌舞伎と狂歌との文化交流をめぐって-」
Great actors shining on sparkling surimono:
mutual social confirmation within the kabuki-kyōka connection

■第74回 4月13日(火)>詳細
1. 前崎信也(PD / 日本文化研究班)・服部憲治(拠点研究支援者)
「日本陶磁器データベースの紹介」
An introduction of the Japanese Ceramics Database

2. 細井浩一  (事業担当推進者/Web活用技術研究班/映像学部教授)
「仮想空間におけるデジタル・ヒューマニティーズ研究の可能性と展望」
Possibility and prospect of research on disital humanities in metaverse
 

■第74回 4月13日(火)>詳細
1.  彬子女王(PD / 京都文化研究班)・前崎信也(PD / 日本文化研究班)・松葉涼子(PD / 日本文化研究班)・鈴木桂子  (特別招聘教員/リサーチ・マネージャー)
「北米日本研究資料調整協議会及びアジア学会年次総会での発表報告」
A Report on Our Presentations at the NCC 3-D Conference and the AAS AnnualMeeting 2010

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: GCOEセミナー 2010年4月のプログラム

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/3045

コメントする








  • GCOEセミナー

  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集