6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

2009年6月 2日

第50回 GCOEセミナー

1.「Collective Culture and Visualization of Spatiotemporal Information」

講師:大野 晋(RA1 / Web活用技術研究班 / 立命館大学大学院政策科学研究科・D2)
斎藤 進也
(PD / Web活用技術研究班)
稲葉 光行
(立命館大学大学院政策科学研究科・教授/Web活用技術研究班・リーダー)

 2.「A Historical GIS Analysis of the Landscape Compositions: A Case Study of Folding Screens “Rakuchu-Rakugai-zu”」

講師:塚本 章宏(日本学術振興会特別研究員PD / 歴史地理情報研究班)

 3.Text and Pictures in Japanese Historical Documents

講師:岡本 隆明(PD / 日本文化研究班)

 

日時:2009年6月2日(火) 18:00〜19:30(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)

※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、okmt-t■fc.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、岡本)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2009/haihusiryo-index.html

続きを読む>>

2009年6月 1日

GCOEセミナー 2009年6月のプログラム

■第50回 2009年6月2日(火)  >詳細 
1.大野 晋(RA1 / Web活用技術研究班 / 立命館大学大学院政策科学研究科・D2)
 斎藤 進也
(PD / Web活用技術研究班)
 稲葉 光行
(立命館大学大学院政策科学研究科・教授/Web活用技術研究班・リーダー)

「Collective Culture and Visualization of Spatiotemporal Information」

2.塚本 章宏(日本学術振興会特別研究員PD / 歴史地理情報研究班)
  
「A Historical GIS Analysis of the Landscape Compositions: A Case Study of Folding Screens “Rakuchu-Rakugai-zu”」

3.岡本 隆明(PD / 日本文化研究班)

「Text and Pictures in Japanese Historical Documents」

■第51回 2009年6月9日(火)  >詳細 

1.石上 阿希(PD/日本文化研究班)

「レインコレクションと春画・艶本データベース」

2.竹村 さわ子(Sawako Chang Takemura/ホノルル美術館ロバートランジ財団東洋美術部日本美術イメージ・プロジェクト主任/准研究員/HAA Robert F. Lange Foundation Japanese Art Imaging Project Manager/Research Assistant) 

「ホノルル美術館日本美術コレクション―デジタル・アーカイブとデータベース公開について―」 

 

■第52回 2009年6月16日(火)  >詳細 ※通常通り衣笠会場で行うことになりました。

1.Toledo Nolasco Alejandro (RA1 / デジタルアーカイブ技術研究班 / 立命館大学大学院理工学研究科・D1)
「Interactive Visual Analysis of Personal Names in Japanese Historical Diary」

2.Kingkarn Sookhanaphibarn(PD/デジタルアーカイブ技術研究班)
「Digital museums in Second Life」

■第53回 2009年6月23日(火) >詳細

1.加茂 瑞穂(RA1 / 日本文化研究班 / 立命館大学大学院文学研究科・D1)

「視覚資料による模様研究とその課題―日本模様データベース構築に向けて―」

2.周 萍(RA1 / 日本文化研究班 / 立命館大学大学院文学研究科・D2) 

「お岩役の成立―趣向を中心に―」

3.David Jerome Putnam(スイス・チューリッヒ大学修士課程)

「女形の役者絵から読み取る「個性」の発展 -初代中村富十郎 (1719-1786) から六世中村歌右衛門 (1917-2001) まで- 」

■第54回 2009年6月30日(火) >詳細

1.本多 健一 (RA2 / 歴史地理情報研究班 / 立命館大学大学院文学研究科・D2)

「中近世移行期における京都西陣道路網の変遷」

2.瀬戸 寿一(RA1 / 歴史地理情報研究班 / 立命館大学大学院文学研究科・D1)

「ネット時代における地理空間情報の新展開」

3.桐村 喬(RA3 / 歴史地理情報研究班 / 立命館大学大学院文学研究科・D3)

「20世紀京都における居住地域構造の変遷」

時間:各日 18:00~19:30(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。

参加無料(予約不要)

※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、okmt-t■fc.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、岡本)。

※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。

※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt/haihusiryo-index.html

2009年5月19日

第49回 GCOEセミナー

2009年6月5-6日に開催されるJADS発表者による研究報告です。

1.「イタリア文化財デジタル化政策の動向報告及び在伊日本美術コレクション整理の現状と可能性」
A Report on the Italian Government’s Policy toward Digitizing Cultural Properties, and on the Current Conditions and Future Possibilities of Systematizing Japanese Art Collections in Italy

講師:齊藤 ちせ(RA1 / 日本文化研究班 / 立命館大学大学院文学研究科・D1)

 2.「『外地』日本語文学データベースの構築と課題 ―日本文学・文化研究における活用を目的として―」
Construction and Problems about a Database of the Gaichi (Foreign Lands) Japanese Literature

講師:楠井 清文 (PD / 日本文化研究班)

3.「松林靏之助とセント・アイヴス ―日本陶磁史関連史料のデジタル・データベース化への試み―」Matsubayashi Tsurunosuke and St Ives: Creating a Digital Database of Historical Materials on Japanese Ceramics

講師:前崎 信也 (PD / 日本文化研究班)

4.「立命館大学アート・リサーチセンター所蔵友禅図案の公開に向けた整理 ―本来のまとまりをいかに再現するか―」
Digital Archiving for Yuzen Designs

 講師:岡本 隆明(PD / 日本文化研究班)
 

日時:2009年5月19日(火) 18:00〜19:30(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)

※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、okmt-t■fc.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、岡本)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2009/haihusiryo-index.html

 

続きを読む>>

2009年5月12日

第48回 GCOEセミナー

本拠点で活動している留学生の研究報告と本拠点の研究支援者による学会報告です。

1.「Sinners in the crossroad: parody and the subversion of authority in the oni kyōgen. 」

講師:liset turino (El Colegio de Mexico Master in Asia and Africa Studies)
 

2.「デジタルヒューマニティーズワークショップ2009参加報告 -人文科学研究におけるコンピュータとネットワーク活用の実際-」
Participation Report in the 2009 Tokyo Workshop on Digital Humanities

講師:関口 博之 (立命館大学衣笠総合研究機構・特別招聘准教授/デジタルアーカイブ技術研究班)
   岡本 隆明(PD / 日本文化研究班)

 

日時:2009年5月12日(火) 18:00〜19:30(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)

※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、okmt-t■fc.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、岡本)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2009/haihusiryo-index.html

続きを読む>>

2009年5月 1日

GCOEセミナー 2009年5月のプログラム

 ■第48回 2009年5月12日(火)  >詳細 
1.liset turino(El Colegio de Mexico Master in Asia and Africa Studies)
「Sinners in the crossroad: parody and the subversion of authority in the oni kyōgen.」

2.関口 博之 (立命館大学衣笠総合研究機構・特別招聘准教授/デジタルアーカイブ技術研究班)
   岡本 隆明(PD / 日本文化研究班)
「デジタルヒューマニティーズワークショップ2009参加報告 -人文科学研究におけるコンピュータとネットワーク活用の実際-」

■第49回 2009年5月19日(火)  >詳細 
1.齊藤 ちせ (RA1 / 日本文化研究班 / 立命館大学大学院文学研究科・D1)
「イタリア文化財デジタル化政策の動向報告及び在伊日本美術コレクション整理の現状と可能性」

2.楠井 清文 (PD / 日本文化研究班)
「『外地』日本語文学データベースの構築と課題 ―日本文学・文化研究における活用を目的として―」

3.前崎 信也 (PD / 日本文化研究班)
「松林靏之助とセント・アイヴス ―日本陶磁史関連史料のデジタル・データベース化への試み―」

4.岡本 隆明(PD / 日本文化研究班)
「立命館大学アート・リサーチセンター所蔵友禅図案の公開に向けた整理 ―本来のまとまりをいかに再現するか―」

■第50回 2009年5月26日(火) →BKCにて開催予定でしたが、インフルエンザによる休校のため、中止となりました。 

1.尹 新 (PD / デジタルアーカイブ技術研究班)
「Restoring 3D Digital Woodcut Shape for Reproducing Ancient Book」

2.Toledo Nolasco Alejandro (RA1 / デジタルアーカイブ技術研究班 / 立命館大学大学院理工学研究科・D1)
「Interactive Visual Analysis of Personal Names in Japanese Historical Diary」

3.Kingkarn Sookhanaphibarn(PD/デジタルアーカイブ技術研究班)
「Digital museums in Second Life」

時間:各日 18:00~19:30(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)

※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、okmt-t■fc.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、岡本)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。

※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt/haihusiryo-index.html

 

2009年4月28日

第47回GCOEセミナー


今年度の新研究メンバーの発表になります。

1.「後鳥羽上皇の政治課題と公事・宗教儀礼」
Political Issues Faced by Retired Emperor Go-Toba in Relation to Court Ceremonies and Religious Rites

講師:谷 昇 (研究員 / 京都文化研究班)

2.「日本的アニメーション/CG技術伝播に関する一考察:中国デジタルコンテンツ産業クラスターを事例として」
Know-How Transfer of Japanese animation/CG production Case Studies of Digital Content Industry Cluster in the PRC

講師:中村 彰憲 (事業推進担当者 / Web活用技術研究班 / 立命館大学映像学部・准教授)

日時:2009年4月28日(火) 18:00〜19:30(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)

※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、nyoshi■fc.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、西川)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
 http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2009/haihusiryo-index.html

 

続きを読む>>

2009年4月21日

第46回 GCOEセミナー

ゲストの講師をお迎えしてのセミナーになります。

「想像の地理―仏教と日本の世界地図」
Geographies of the Imagination: Buddhism and the Japanese World Map

講師:Prof. Max Moerman (コロンビア大学ドナルド・キーン 日本文化センター)

日時:2009年4月21日(火) 18:00~19:30
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)

※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、nyoshi■fc.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、西川)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2009/haihusiryo-index.html

 

続きを読む>>

2009年4月13日

番外編(Vol.10) GCOEセミナー

ゲストの講師をお迎えしてのセミナーになります。

1.「移送モデリングと伝染病感染分析のための、行動をベースとした時空間データモデル」
An Activity-Based Spatio-Temporal Data Model for Transport Modelling and Epidemics Transmission Analysis

講師:Dr. Tao Cheng (Dept of Civil, Environmental & Geomatic Engineering, University College London)

2.「Geodemographics 2.0―地理的人口統計学モデルの仕様・評価・テストにおけるいくつかの展開」
Geodemographics 2.0: Some Developments in the Specification, Estimation and Testing of Geodemographic Models

講師:Dr. Alex Singleton (Centre for Advanced Spatial Analysis (CASA), University College London)

日時:2009年4月13日(月) 11:30~13:00
※定例の火曜日ではありませんので、ご注意ください。
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)
使用言語:英語

※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、nyoshi■fc.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、西川)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2009/haihusiryo-index.html
 

続きを読む>>

2009年4月 9日

第45回 GCOEセミナー

ゲストの講師をお迎えしてのセミナーになります。

「GISと科学におけるいくつかの展開」
Some Developments in Geographic Information Systems and Science

講師:Prof. Paul Longley (Centre for Advanced Spatial Analysis (CASA) and Dept of Geography, University College London)


日時:2009年4月9日(木) 18:00~19:30(6限)
※定例の火曜日ではありませんので、ご注意ください。
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)
使用言語:英語

※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、nyoshi■fc.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、西川)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2009/haihusiryo-index.html
 

続きを読む>>

2009年1月27日

第44回 GCOEセミナー

「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ教育プログラム」履修生特集

1.「貴族の移動経路からみた平安京」
Heiankyo seen from the route of movement of nobles

講師:吉田 真澄 (立命館大学大学院文学研究科M1)

2.「天神信仰の展開過程の一考察」
A consideration of the spread of Tenjin worship

講師:中尾 芙貴子 (立命館大学大学院文学研究科M1)

3.「能の稽古におけるモーションキャプチャ利用の可能性」
On the Potential of Using Motion Capture in Noh Dancing Practice

講師:高橋 幸恵 (学外履修生)

日時:2009年1月27日(火) 18:00~19:30(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)

※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、nyoshi■fc.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、西川)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
 http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt/haihusiryo-index.html
 

続きを読む>>

6  7  8  9  10  11  12  13  14  15




  • GCOEセミナー

  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集