染色型紙プロジェクト > キョーテック所蔵型紙の解説

型紙の中の市松文様
14.10.01
キョーテック所蔵型紙の解説

 市松文様とは、異なる二色の正方形を互い違いに配した幾何学文様で(図1)、世界各地でデザインとして古くから用いられてきました。市松文様の名が定着する以前は、「石畳」と呼ばれていたようです。

KTS07874.jpg

図1「市松文様」
KTS07874

KTS07874s.jpg

 日本で「市松文様」の名が定着したのは、江戸時代の歌舞伎役者、初代佐野川市松が舞台衣裳として着用したからだといわれています。寛保元年(1741)に佐野川市松が演じた粂之介という役が大当りしたことがきっかけとなり、特に女性へ市松の着用した文様が流行し、役者の名前がそのまま文様の名前として広まりました。現在もインテリアや雑貨、東福寺の庭(京都市)までさまざまな場所で目にすることができます。
市松文様は、二色の異なる正方形を互い違いにした非常にシンプルなデザインですが、それゆえ型紙の中ではさまざまなアレンジが加えられています。キョーテックコレクションを確認してみると、約18,000枚の内、少し変わった市松文様も含めると147枚ほど確認することができます。

KTS05990.jpg

図2「市松文様に藤花」
KTS05990

KTS05990s.jpg

 例えば図2は、互い違いの正方形が藤の花と入れ子の市松文様になっています。入れ子になっている市松文様は、少し崩れたように彫刻されていますが、一つとして同じ形がありません。細やかですが、型彫師の工夫やデザインに対するこだわりが感じられます。なんだかパズルのようにも見える市松文様です。

KTS10142.jpg

図3「市松文様と麻の葉文様」
KTS10142

KTS10142s.jpg KTS10142s2.jpg

 次の図3は、正方形ではなく、長方形を互い違いに配した市松文様です。しかし、長方形の内部は麻の葉文様になっていて、二種類の文様を組み合わせた構成になっています。また、異なる二色の長方形を表現するために、この型紙では麻の葉文様を彫刻しながら濃淡をつけています。麻の葉文様の輪郭のみを錐彫と呼ばれる半円の彫刻刀で彫り抜く方法と、麻の葉文様の輪郭のみを残す方法を採用しているのです。輪郭を残した彫刻は、少し紙を彫り残しておくことで、型紙全体を見たときに少し掠れたような風合いが表現できます。彫刻により、市松文様の濃淡を少し和らげたデザインと言えるでしょう。

 図3の型紙は、彫刻以外にも注目すべき点があります。型紙の左下をよく見ると、枠と文字が透けて見えます。これは、一度使用した紙を型紙へ作り替えたという証拠です(図3拡大)。このような反故紙を使って作られた型紙はしばしば見かけることがあり、型紙に対する需要が多いことを物語っています。また、型紙の上から墨で「子三十三」と書かれていることもわかります。これは、明治33年(1900)が子年であったことから、年と干支を書いたものだと思われます。型紙には、制作あるいは購入年を記載しているものも見受けられるので、この型紙は明治33年頃、制作か購入された型紙なのかもしれません。

KTS04073.jpg

図4「楓と流水に市松文様」
KTS04073

KTS04073s.jpg

 最後に紹介する図4は、市松文様を背景に使用したデザインです。幾何学的でシンプルな文様は、デザインの中で背景のように使われることもあり、図4は楓と流水が前面に出ています。流水のしぶきは大きく弧を描いてデフォルメされていて、モダンな印象を受けるデザインとなっています。

 市松文様は、シンプルな「かたち」であることを活かして、さまざまにアレンジされてきました。市松文様を構成する異なる二色の正方形は、対照的な色やはっきりとした濃淡であることも多いのですが、型紙の彫刻技術によってコントラストをはっきりさせることも、ぼかすことも自由自在に表現され、人々に愛好されてきたのです。

参考文献
『染の型紙』京都国立博物館 1968年
『歌舞伎事典』平凡社 1983年
喜田川守貞『近世風俗志(守貞謾稿)』岩波文庫 1999年(天保8年起稿[1837])

※画像、記事の無断転載を禁止します。
(c) 2014 KYOLITE Co.,ltd. Mizuho Kamo
株式会社 キョーライト

 

株式会社キョーテック所蔵型紙の解説
 株式会社キョーテック(京都市下京区)は、18,000枚もの型紙を今も所蔵しています。立命館大学アート・リサー...
40.01.01
キョーテック所蔵型紙の解説
鶴は千年亀は万年
 「鶴は千年 亀は万年」として知られるように、鶴と亀は寿命が長いことから吉祥性のある動物として尊ばれ、さまざまな装飾に用...
15.04.01
キョーテック所蔵型紙の解説
こうもりは「福」を呼ぶ?
 「こうもり」に対してどのようなイメージをお持ちですか?何となく暗くて、不吉なイメージを持つ方もいらっしゃるのではないで...
15.03.01
キョーテック所蔵型紙の解説
立身出世の鯉
 昔、黄河の急流にある「龍門」という滝をのぼろうと多くの魚が試みましたが一部の魚だけがのぼることができ、やがて竜に化した...
15.02.01
キョーテック所蔵型紙の解説
雀のかたち
 私たちの周りに何気なく、雀はいます。雀を題材とした絵画は古くから描かれますが、とりわけ「竹に雀」は自然の情景でもあるこ...
15.01.01
キョーテック所蔵型紙の解説
冬の鳥 千鳥
 千鳥文様は、冬の水辺に棲むチドリ科の鳥が空を飛ぶ様子を模していて、古くから親しまれています。現在も千鳥文様は、手拭いや...
14.12.01
キョーテック所蔵型紙の解説
紗綾形のさまざま
 紗綾(さや)とは、表面がなめらかで光沢のある絹織物の一種を指します。多くは白生地で後から加工されて用いられてきました。...
14.11.01
キョーテック所蔵型紙の解説
型紙の中の市松文様
 市松文様とは、異なる二色の正方形を互い違いに配した幾何学文様で(図1)、世界各地でデザインとして古くから用いられてきま...
14.10.01
キョーテック所蔵型紙の解説
身の回りにある七宝文様
 同じ半径の円を円周の四分の一ずつ重ねて形作られる「七宝文様」は別名「輪違い文様」とも呼ばれます。「七宝」の名は、四方に...
14.09.01
キョーテック所蔵型紙の解説
直線で構成される植物文様―麻の葉文様と型紙―
 麻の葉文様とは、麻の葉を象ったとされる文様で、正六角形に縦、横、斜めの直線を引いて構成されています。ただし、麻の葉から...
14.08.01
キョーテック所蔵型紙の解説
涼の型紙
 団扇(うちわ)は、あおいで風を起こして涼をとるためや日差しを避けるために使われます。蒸し暑い季節は、ほんの少し風が吹く...
14.07.01
キョーテック所蔵型紙の解説
日本生まれの吉祥文様―橘
 6月は梅雨の季節で雨の日が多くなりますが、雨粒に紫陽花が映える植物の美しい時期でもあります。  初夏に花...
14.06.01
キョーテック所蔵型紙の解説
端午の節句と型紙のデザイン
 5月5日は、古来より「端午の節句」として男児の健やかな成長を願う行事がおこなわれてきました。現在のように「こどもの日」...
14.05.01
キョーテック所蔵型紙の解説
桜の型紙
 3月から4月は卒業式や入学式など、門出を祝う行事が盛りだくさんです。晴れの門出をより一層華やかにしてくれるのは桜です。...
14.04.01
キョーテック所蔵型紙の解説
蝶の型紙
 春になると、蝶があたりを舞い始め、春の訪れを感じさせてくれます。蝶は、古くは平安時代からさまざまなものに意匠として登場...
14.03.01
キョーテック所蔵型紙の解説
さまざまな梅
 京都の北野天満宮では、梅苑が例年2月初旬から公開され、25日には「梅花祭」が開催されます。梅の花は、冬の終わりとともに...
14.02.01
キョーテック所蔵型紙の解説
型紙に表現された正月
 浮世絵には、正月の風景として女性や子どもが羽根つきを楽しむ様子がしばしば描かれます(英泉画「十二ヶ月の内 正月 春の遊...
14.01.01
キョーテック所蔵型紙の解説
扇の文様と型紙
 12月14日は、赤穂浪士が吉良邸に討ち入りを果たしたとされる日です。人形浄瑠璃の『仮名手本忠臣蔵』は、討ち入りから47...
13.12.01
キョーテック所蔵型紙の解説
歌舞伎と型紙
 歌舞伎に関連する型紙の多くは役者の家紋を採り入れています。図1は歌舞伎役者の家紋を組み合わせたもので、「三升」「三つ銀...
13.11.01
キョーテック所蔵型紙の解説
紅葉の季節
 毎年、秋になると紅葉(こうよう)の名所が賑わいます。黄色や赤へと木の葉の色が変わる様子に季節の移ろいを感じるという方も...
13.10.01
キョーテック所蔵型紙の解説
菊と型紙
 9月とはいえ残暑が厳しい昨今ですが、少しずつ秋の気配が近づく頃でしょうか。旧暦の9月9日は五節句の一つ「重陽の節句」で...
13.09.01
キョーテック所蔵型紙の解説
水の文様と型紙
 温度が管理された室内で一日を過ごすことも多い現代の夏ですが、水辺を眺め、流れる水の音を聴くだけで涼しさを感じられる、そ...
13.08.01
キョーテック所蔵型紙の解説