2011年10月 4日

第111回GCOEセミナー/博士論文構想発表会

本拠点による「テーマ設定型入試」を経て、2009年4月入学した博士課程後期課程大学院生の博士論文構想発表会を開催します。
各発表者は、発表(40分)、質疑応答(20分)の計1時間となります。

日時:

10月4日(火) 18:00~20:00

  [18:00-19:00]
タイトル: 対抗言説としての文学
―日本近代文学は阿片問題をどう描いたか?―
発表者: 三上 聡太
(日本文化研究班/立命館大学大学院文学研究科・D3)
  [19:00-20:00]
タイトル: 「ボランタリーな地理情報」による地理空間情報の共有化に関する研究
発表者: 瀬戸 寿一
(歴史地理情報研究班/立命館大学大学院文学研究科・D3)
場所: 【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】 インターネット(Power Live)をご利用ください。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第111回GCOEセミナー/博士論文構想発表会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/4188




  • GCOEセミナー

  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集