2011年1月 6日

第99回GCOEセミナー

1. ビデオゲーム・スタディーズのためのデータベース構築とは
尾鼻崇 (PD / Web活用技術研究班)
 
2. 近世京都における版元業者の空間分布:GISを使った出版文化研究の可能性
塚本章宏 (PD / 歴史地理情報研究班 / 日本学術振興会(JSPS)特別研究員)
 
3. 出版記録の活用と課題
The present state of using publishing records
金子貴昭 (PD /  日本文化研究班)
 
日 時:1月11日(火) 18:00-19:30(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
【BKC】 インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)
 
※ 一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、s_maezaki@yahoo.co.jp まで、その旨ご連絡ください(担当、前崎)。
※本拠点研究メンバー ですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2010/haihusiryo-index.html

 発表要旨は、「続きを読む」をご覧下さい。

 1. ビデオゲーム・スタディーズのためのデータベース構築とは

尾鼻崇 (PD / Web活用技術研究班)
 
2. 未定
塚本章宏 (PD / 歴史地理情報研究班 / 日本学術振興会(JSPS)特別研究員)
 
3. 出版記録の活用と課題
The present state of using publishing records
金子貴昭 (PD /  日本文化研究班)
 
出版記録は、出版経緯の解明、版権移動の追跡、板木分割所有のあり方、出版界の慣例、重類板の処理のあり方などを明らかにするための一級資料である。本発表では、板木研究を行う立場から、これらの出版記録が現存板木の理解にどのように役立つかを考える。また出版記録を扱う上での問題点を指摘し、今後の課題を提示する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3. 出版記録の活用と課題
The present state of using publishing records
金子貴昭 (PD /  日本文化研究班)
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第99回GCOEセミナー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/3598

コメントする








  • GCOEセミナー

  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集