2010年4月13日

第74回 GCOEセミナー

■第74回 4月13日(火)

1. 前崎信也(PD / 日本文化研究班)・服部憲治(拠点研究支援者)
「日本陶磁器データベースの紹介」
An introduction of the Japanese Ceramics Database

2. 細井浩一  (事業担当推進者/Web活用技術研究班/映像学部教授)
「仮想空間におけるデジタル・ヒューマニティーズ研究の可能性と展望」
Possibility and prospect of research on disital humanities in metaverse

日時:4月13日(火) 18:00-19:00(6限)
場所:【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
 【BKC】インターネット(Power Live)をご利用ください。
参加無料(予約不要)
 
※一般の方もインターネットでセミナーにご参加いただけます。
※インターネットでの参加を希望される方は、ak-ishi■lt.ritsumei.ac.jp(■を@に置き換えてください)まで、その旨ご連絡ください(担当、石上)。
※本拠点研究メンバーですでにID、PWをお持ちの方は連絡は不要です。
※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/dhjac/ppt2010/haihusiryo-index.html

発表要旨は、「続きを読む」をご覧下さい。

【要旨】
1. 前崎信也・服部憲治「日本陶磁器データベースの紹介」
発表者は昨年度より日本陶磁器データベースの構築を進めてきた。アート・リサーチセンターのホームページ上で本データベースを公開するにあたり、その概要と使用方法について紹介を行う。
 

2. 細井浩一「仮想空間におけるデジタル・ヒューマニティーズ研究の可能性と展望」
本拠点が取り組んできたインターネット上の仮想空間を活用した研究発信について、予備実験を経て一般公開された拠点専用仮想空間「rits-gcoe-jdh」を紹介しつつ解説する。また、国内外の諸研究機関など同様の試みを行っている他機関の仮想空間の現状や課題を本拠点の取り組みと比較検討することで、現段階の仮想空間におけるデジタル・ヒューマニティーズ研究の可能性と展望について総括的に考察する。
 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第74回 GCOEセミナー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/3043

コメントする








  • GCOEセミナー

  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集