Report
  1. HOME
  2. 活動報告
  3. イベント情報
  4. シンポジウム

シンポジウム

 [書込]

1 2 3

国際シンポジウム
Popularizing Fabrics and Clothing:
Kyoto Yuzen Industry in Broader Context 1600-1970

(布と衣のポピュラライゼーション:京都友禅を国際的文脈の中に位置づける)

2017年6月3日(土) 10:00~18:00
立命館大学衣笠キャンパス アート・リサーチセンター
参加費無料、事前申し込み不要

問い合わせ先:info■lccg.tokyo (※■を@に変えて下さい)

【主催】「糸・布・衣循環史研究会」(科研費補助金基盤B研究課題「糸・布・衣の廉価化の世界史」)
立命館大学アート・リサーチセンター文部科学省 共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」研究課題 「デジタル・アーカイブ手法を用いた近代染織資料の整理と活用」
政治経済学・経済史学会「糸・布・衣の循環史」フォーラム

[イベント情報]
2016年10月22日(土)

GIS Day in 関西 2016
-みんなで作る地域の安全安心マップコンテスト第 10 回記念-

2016 年 10 月 22 日 (土)
立命館大学 衣笠キャンパス

10:00~12:20 プログラム1: 講演会 会場: 創思館 1 階カンファレンスルーム
13:30~17:00 プログラム 2: GIS Workshop (※事前申込制) 会場: 有心館情報教室

事前お申し込み方法
GIS Workshop 受講ご希望の方は、以下の項目をご記入の上、E-mail [entry■st.ritsumei.ac.jp]までお申し込みください。(■を@に変更して下さい)
■件名 「GIS Day in 関西 2016 参加申込」
■お名前・フリガナ
■ご所属(学校名・学年、会社/団体名・部署)
■ご連絡先メールアドレス
■ご連絡先電話番号/携帯電話番号
■GIS Workshop 希望コース(第一希望および第二希望)

受講申込締切:10 月 18 日(火)17:00 まで

[主催]立命館大学歴史都市防災研究所
[共催]立命館大学アート・リサーチセンター、立命館大学文学部地理学教室
[後援(予定)](一社)人文地理学会、(公社)日本地理学会、(一社)地理情報システム学会、GIS NEXT
[協賛]株式会社パスコ、ESRI ジャパン株式会社
[お問い合わせ先]
立命館大学 研究部 衣笠リサーチオフィス内 GIS Day in 関西 2016 事務局 (担当:坂野・木村)
TEL 075-465-8206(平日 9:00-17:30) FAX 075-465-8245
E-mail: entry■st.ritsumei.ac.jp(■を@に変更して下さい)

プログラムなど、詳細はこちら→ GIS Day in 関西 2016

[イベント情報]
2016年8月 5日(金)

ARC_Days_2016_A4.jpg

ARC Days 2016

2016年8月5日(金) 14:00-18:00
8月6日(土) 10:30-17:30
立命館大学 びわこ・くさつキャンパス コラーニングハウスⅡ 4階 C803
入場料・参加費/無料

主催:立命館大学アート・リサーチセンター、立命館大学情報理工学部、文部科学省 共同利用・共同研究拠点ー「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」

平成27年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
「日本文化資源のグローバルアクション」
成果報告会

2016年3月14日(月)
14:00-17:30

立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム

【主催】文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「日本文化資源のグローバルアクション」

※一般の方もインターネットでご参加いただけます。


Live streaming by Ustream

2016年2月19日(金)・20日(土)
立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム

主催:立命館大学アート・リサーチセンター 文部科学省 共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」

※一般の方もインターネットでご参加いただけます。


Live streaming by Ustream

International Conference
"Towards International Collaboration among Centers for East Asian and Japanese Studies"
国際会議「東アジア・日本研究拠点間の国際共同研究に向けて」

Date: January 16 and 17 (Saturday and Sunday), 2016
Place: Art Research Center, Kinugasa Campus, Ritsumeikan University

2016年1月16日(土)・17日(日)
立命館大学アート・リサーチセンター

入場料・参加費/無料

主催:立命館大学アート・リサーチセンター

謡曲『船弁慶』を取り上げ、本センター主催の国際シンポジウムと講演会を行います。


JPARC 小講演シリーズ 日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点
立命館大学アート・リサーチセンター

『船弁慶』から見るワキと間狂言の役割

日時: 2015年11月17日(火) 【第1部】15:00-17:40 【第2部】18:30-20:00
場所: 立命館大学(衣笠キャンパス)アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム
参加: 無料・予約不要
主催: 日本伝統劇能サイト〈JPARC〉、立命館大学アート・リサーチセンター

※第一部の講演は英語、ディスカッションは日本語で行われます。
※第二部は講演、実演ともに日本語で行われます。

[イベント情報]
2015年7月22日(水)

ARC Week 2015

2015年7月22日(水)~7月28日(火)
入場料・参加費/無料

主催:立命館大学アート・リサーチセンター

立命館大学アート・リサーチセンター「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」は、2014年度より文部科学省 共同利用・共同研究拠点に認定され、学術的レベルでの日本文化資源のデジタル・アーカイブを促進する拠点として、研究活動を行なっております。また、これまでに構築してきた海外における日本文化研究拠点との人的ネットワークを活用しながら、従来にない広がりを持つ研究コミュニティ創出に努めております。この度、本拠点の活動の一環として、下記の通り、『ARC Week 2015』を開催いたします。

詳細は下記ホームページをご覧下さい。
titlelogo.png

20150308_ritsumei_A4_01.jpg

2105年3月8日(日) 10:50~17:10
キャンパスプラザ京都第2講義室
入場料無料・事前申込み不要

主催:文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「京都における工芸文化の総合的研究」(立命館大学)、立命館大学アート・リサーチセンター
共催:立命館大学文学部京都専攻
後援:PARASOPHIA京都国際現代芸術祭

源平の物語は後世において様々な伝統芸能に取り上げられ、時代によって表現方法は変遷しました。文学、絵画、実演、舞台などのイメージを通してその多様性と製作時期を探るワークショップを行います。発表内容はネット上のJPARC(日本伝統芸能研究サイト)の「観世小次郎信光」と「歌舞伎」、それぞれのモジュールとして、GloPAC (グローバル芸能協会)のオンライン出版に載せられます。

日時:2015年3月3-4日
会場:立命館大学衣笠キャンパス アート・リサーチセンター
    ※当日、Ustream配信あり。
言語:日本語・英語
入場無料・予約不要

お問い合わせ 立命館大学アート・リサーチセンター事務局
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
電話番号: 075-466-3411(代表)
受付時間: 9:00~17:30 ※土日祝、その他の休館日を除く


※一般の方もインターネットでご参加いただけます。


Live streaming by Ustream

1 2 3