Report
  1. HOME
  2. 活動報告
  3. イベント情報
  4. ARC-iJAC Activities

ARC-iJAC Activities

 [書込]

1 2 3 4

Daan  Kok-copy.jpgDr. Kok, thank you very much for your time today. As Curator East Asia, you have been at the forefront of this joint research project with the ARC to digitize the extensive Japanese art collection of Museum Volkenkunde, part of the National Museum of World Cultures.

What sparked your interest in Japanese art and culture?

Dr. Kok: In high school, I once received a book about Japanese design. It raised my interest to apply at a design academy. Not admitted on my first attempt, I began to study Japanese and enjoyed it so much that I never stopped.

During my studies at Leiden University, I became particularly fond of the kyōka surimono of the 1820s.

Lei-1353-446 -copy.jpg

How do you feel about the overall collaboration with the ARC?

Dr. Kok: I am very thankful for our collaboration. The first contact between our museum and the ARC was already established more than ten years ago. During Professor Akama's visits, we would conduct photography together using the 'portable travel kit' he developed to digitize art collections abroad.

The execution of our joint project has never been stagnant, but you can see a continuous improvement year after year. It has also been a valuable learning experience for me to see the mechanisms Professor Akama uses to increase the quality of digitizing artworks.

Lei-1230-74 - copy.jpg

What is the significance of constructing and releasing this database in the ARC Virtual Institute?

Dr. Kok: We need to ensure comprehensive access for researchers to our collection.

Now that we have constructed and interlinked the ARC database with our museum database, the availability of our collection of printed materials to a Japanese-speaking audience is of great significance.

Furthermore, we appreciate the ARC's digital infrastructure for not only searching but also editing the database. The interactivity of the ARC database allows Japanese-speaking researchers to contribute to the database, paving the way for future research.

While our museum database is a more general database for a wide range of objects, the ARC database has a high level of specialization to cater to the specific needs of research in Japanese art and culture, such as ukiyo-e prints and early Japanese books.

Could you tell us a little more about the Japanese collection at Museum Volkenkunde?

Lei-1-4292-02_006 copy.jpg

Dr. Kok: The core of the museum's Japanese collection is made up of the collections of Philipp Franz von Siebold, Jan Cock Blomhoff and J.G.F. van Overmeer Fischer.

They were the main collectors in the 1820s--a period of Japan's sakoku (closed country) policy. After they purchased the artworks during their court journeys to the shōgun in Edo, the items came to the Netherlands almost in a straight line and never circulated among other collectors.

Since we know when they made these court journeys to Edo, we have obtained a good overview of what was available during that period and what was of interest to the collectors. The time of purchase also allows us to calculate how much or how little time there was between a kabuki play and the kabuki poster's availability on the market, for instance.

Furthermore, the existence of multiple copies of the same prints makes them suitable for comparative research.

Is there anything that fascinates you about this collection in particular?

Dr. Kok: It is particularly noteworthy that some of the prints are in a quite unique condition. Their colors convey the impression as if they were made just yesterday. Hence, these prints serve as a valuable reference of how prints may have looked originally.

Lei-0001-4470-27.jpg

However, due to their exceptional quality, the museum decided that a limited number would not be permitted to go on loan. Therefore, it is even more important they are available to the broad public in digital form through our database.

Could you tell us about your plans or future project goals?

Dr. Kok: I hope to continue to work with the ARC on digitization projects.

While Volkenkunde has the largest Japanese collection, there are interesting Japanese objects at other museums in our organization, mainly the Tropenmuseum (Amsterdam) and Wereldmuseum (Rotterdam), which the ARC has not digitized yet.

Since these Japan collections are not well-known, compared to that of Museum Volkenkunde, it is all the more important that they become available to a Japanese-speaking audience as well. So, we should strive to ensure that links are well established.

Furthermore, with the advance of technology, AI image recognition may provide opportunities to recognize drawings and sketches and match them to certain prints and book illustrations published by Kuniyoshi, Kyōsai, or Hokusai. I also hope to work together with the ARC on this area in the future.

→ Access the database of the Japan Collection at Museum Volkenkunde, Leiden

立命館大学アート・リサーチセンター(以下、ARC)と文学部は、「祇園祭デジタルミュージアム2021 -バーチャルで楽しむ祇園祭-」を公開しました。

祇園祭デジタルミュージアム2021 -バーチャルで楽しむ祇園祭-

このサイトは、昨年公開した「祇園祭デジタル・ミュージアム2020-祇園祭の過去・現在・未来-」をリニューアルし、装い新たに公開したものとなります。

2021年の祇園祭は、2020年同様に、新型コロナウィルス感染症拡大の影響を大きく受け、「山鉾巡行」をはじめとする多くの関連イベントが中止となりました。
そこで、祇園祭の魅力や歴史をオンラインで体験できるサイトとして「祇園祭デジタル・ミュージアム2021」を公開しました。

下記の新しいコンテンツも追加され、更に皆様に楽しんで頂けるようになっています。

1. ArcGIS Onlineによるバーチャル京都の2D・3Dマップ
2. 懸装品の高精細画像、祇園囃子、バーチャル巡行
3. 『バーチャル歴史京都AR(iOS・Android)』((株)キャドセンター・ARC共同作成)

バーチャルに再現された船鉾と新町通の町並み
バーチャルに再現された船鉾と新町通の町並み
山鉾の所在地や巡行ルートを示した地図
山鉾の所在地や巡行ルートを示した地図

船鉾保存会所蔵32㎜フィルム
船鉾保存会所蔵32㎜フィルム
長江家住宅バーチャルツアーのイメージ
長江家住宅バーチャルツアーのイメージ

NHK京都撮影の様子 テレビ放送
NHK京都「ニュース630京いちにち」内コーナー「京のええとこ連れてって」で「おうちで楽しむ祇園祭」として、矢野桂司教授(ARC副センター長)の「祇園祭デジタル・ミュージアム2021」が放送されます。
※放送された映像は、翌週からNHK京都のHPでも公開されます。
日時:2021年7月16日(金)18:30~19:00

ARCは、芸術、芸能、技術、技能を中心とした有形・無形の文化芸術資源を歴史的、社会的観点から研究・分析し、記録・整理・保存・発信することを目的としています。

祇園祭などの伝統行事をデジタル・アーカイブ化し、広く一般の皆さまに公開することで、私たち人類が持つ文化を後世に伝達することを目指しています。

imageedit_6_5663237401.jpgBackground

In anticipation of the return of the Takayama float to the Gion Festival in 2022, a symposium was held by Asahi Shimbun, co-organized by the Art Research Center (ARC), Ritsumeikan University, on June 19, 2021.

The Takayama float boasts a long history of participating in the Yamahoko Junko parade that dates back to the 15th century. However, the float has been absent from the festival since 1826, having suffered from heavy damages caused by natural disasters.

As a result of the continued dedication and determination of the Takayama Preservation Association to revive the Takayama float, the long-cherished wish of the townspeople for the float to return to the Yamahoko Junko after nearly 200 years will finally come true.

IMG_20210619_133630.jpg

The Symposium

At the beginning of the symposium, Mr. Junji Yamada, Head of the Takayama Preservation Association, gave an overview of the reconstruction progress of the float and expressed his joy that it is due to be completed four years earlier than expected.

Then, Prof. Keiji Yano, Deputy Director of the ARC, introduced the center's various activities concerning the digital archiving of the Gion Festival and the Takayama float (→ Gion Festival Digital Museum 2020 and 2021).

imageedit_4_8137454931.jpg

He presented CG animation of the rebuilt Takayama float, 2D and 3D maps of festival routes, old videos and photographs from the early Showa era, and 3D see-through visualization models of the festival floats, amongst others.

"As we did last year, the Art Research Center will be making its research results available to the public again from July this year through the Gion Festival Digital Museum 2021, so please look forward to it," expressed Prof. Yano.

imageedit_2_8684373732.jpg

Other distinguished guest speakers included Prof. Shoichi Inoue, Director of the International Research Center for Japanese Studies; Mr. Takashi Minamoto, film director and screenwriter; and Ms. Rieko Morita, Nihonga painter and Affiliate Professor at the Kyoto City University of Arts, with each of them sharing stories about his/her connection with the Gion Festival and the Takayama float.

Concluding the symposium, the hayashikata (Gion Festival musicians) of the Takayama Preservation Association performed ohayashi specific to the float.

Anticipation

"Ever since I was a kid, I have seen the festival floats passing by, accompanied by the creaking of wheels while I stood on the roadside listening to the ohayashi," Mr. Yamada reminisced. "None of us has ever experienced playing the ohayashi on the Takayama float during the festival, so we are all more than excited."

*A full video of the event is available online from July 1 - August 31, 2021 (in Japanese). To watch the video, please register via the following link: https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11004163.

Professor Akama, thank you very much for your time today. You have just completed Phase 1 of the kuzushiji training course for beginners and intermediate levels. What is the purpose of your training course?

kuzushiji_cap1.JPGProf. Akama: We have developed an AI-enabled transcription support system for kuzushiji specifically for educational purposes as part of an industry-academia collaboration with Toppan Printing Co., Ltd. The company kindly provided us with the API (application programming interface) of their kuzushiji recognition system that is powered by deep learning.

Our purpose is to teach and support students and researchers in utilizing our transcription support system for their academic research projects based on the abundant materials available in the ARC's Early Japanese Books Portal Database. You can freely choose the materials you wish to transcribe from our database--with over 218,000 titles, one of the largest databases of digital-archived early Japanese books in the world.

I have held several workshops on the system, for instance, at the University of Leiden and the University of California, Berkeley. Not able to travel due to the pandemic, I hope to promote the system's usage by offering this online training course.

Could you tell us about the significance of developing a transcription support system?

shiBK05-0003_006.jpg

Prof. Akama: The Edo Period was peaceful and culturally mature--an ideal environment for commercial publishing and the distribution of woodblock-printed books to flourish as the literacy rate among the population was reasonably high.

Hence, books from a variety of genres written in kuzushiji were published during this time containing valuable information about art, culture, history, and more. However, only a fraction of them has been transcribed.

The transcription support system facilitates access to these books for students, researchers, and people in the fields related to Japanese arts and culture, to obtain a deeper understanding of the past as we strive to preserve cultural heritage.

What is the merit of the ARC Transcription Support System as compared with other transcription systems for kuzushiji?

Prof. Akama: The merit of our transcription support system lies in its educational function.

Our interactive system enables students to learn and practice transcribing and archiving digital texts of early Japanese books fast and efficiently.

1 (1).png

It is particularly suited for being used in lectures and study groups under the supervision of an instructor or as part of individual or group research projects.

As the system offers a user-friendly interface with a vertical input window for transcriptions next to the original kuzushiji text, users can easily compare and check the contents as they proceed.

Should users encounter difficulties, the AI-enabled deciphering support function gives a list of suggestions ranked by percentage. If there is no suitable suggestion based on the context, users can search in our extensive Character Image Database or request support from the instructor.

Hence, users can gradually enhance their ability to read kuzushiji with clues provided by the system and the feedback given by instructors.

Could you tell us about your plans for the future regarding this system?

Prof. Akama: As we continue to utilize the system to advance the projects under our ARC-iJAC umbrella, we also warmly encourage international researchers, both individuals and groups, to →contact us should you be interested in using the system for your research or teaching.

Our system is a powerful tool to accelerate digital humanities research of Japanese art and culture, so I hope to expand its usage in lectures, study- and project groups in Japan and overseas.

Background:
Kuzushiji is a kind of Japanese cursive script found in early Japanese books (until the mid-Meiji Period).
Due to the different writing styles compared with modern Japanese characters, kuzushiji can be understood only by a minority of trained specialists.

The Art Research Center (ARC), Ritsumeikan University, has developed an educational transcription system with an AI-enabled deciphering support function for kuzushiji to facilitate access to early Japanese books for academic research.
The training course started on May 14, 2021, and has counted participants from 12 countries so far. It is provided free of charge. (→Click here for details on the training course.)

立命館大学アート・リサーチセンター 文部科学省 国際共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際研究拠点(ARC-iJAC)」は、2021年6月19日(土)、20日(日)に、2021年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会を共催します。
奮ってご参加ください。

■日時:
 2021年6月19日(土) 13:00~17:00
 2021年6月20日(日) 10:00~16:15

■参加方法:
 オンライン開催となります。
 ※「立命館大学衣笠キャンパス」では開催致しませんので、ご注意ください。
 ※接続方法、予稿集(PDF)については、参加申込みをされた方に別途ご案内します。
 ※開催概要に変更がある場合は、随時学会メーリングリスト(ML)でお知らせします。学会MLへの登録がお済みでない方は、ご登録をお願いします。

■参加費
 会員・非会員とも無料
 ※今年度は紙媒体の予稿集を発行しません。必要な方は予稿集PDF を印刷してください。

■参加申込:
 お申し込みフォームからお申し込みください。
 ※申し込みをすると、Googleフォームの自動返信とは別に、参加方法と予稿集についてメールが自動配信されますので、ご確認ください。
 2021年6月18日(金)締切
 ※会員用出欠確認はがきでお申し込みの場合は、6月15日(火)必着での投函をお願いします。
 ※総会のみご出席、総会欠席時の委任状についても、こちらのフォームから申込み、提出ができます。
 ※本大会は、2日目の学会総会を除き、会員・非会員を問わずどなたでも参加できます。

共催:立命館大学アート・リサーチセンター 文部科学省国際共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点」(ARC-iJAC)、アート・ドキュメンテーション学会(JADS)
後援:記録管理学会、情報処理学会人文科学とコンピュータ研究会、情報知識学会、人文系データベース協議会、全国大学史資料協議会、全国美術館会議、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、専門図書館協議会、デジタルアーカイブ学会、日本アーカイブズ学会、日本アートマネジメント学会、日本デジタル・ヒューマニティーズ学会、日本ミュージアム・マネージメント学会

続きを読む>>

静岡英和学院大学 人間社会学部 畑恵里子教授の「舞鶴市糸井文庫の総合的研究」の浦島伝説が京都新聞に掲載されました。

記事は こちら

ワークショップの内容 2021年5月27日(木)、立命館大学アート・リサーチセンター(以下ARC)は、セインズベリー日本藝術研究所(SISJAC)、セインズベリー視覚芸術センターと英国イーストアングリア大学との共同で、デジタル・アーカイブの技術面に焦点をあてたワークショップを開催しました。

赤間亮教授(立命館大学文学部)は、日本の掛け軸を例に、機材のセッティングから撮影場所の設定、照明の調整、作品を扱う上での注意点、撮影方法、確認方法、番号の付け方など、実際にデジタルアーカイブするための流れを説明しました。

学生のデジタルアーカイブの体験その後、日本の学生がデジタルアーカイブを体験しました。
撮影した写真はすぐに英国の学生と共有され、赤間教授の指導のもと、画像の質や正確さについて議論されました。

本ワークショップは、日本の美術作品をデジタルアーカイブするためのスキルや方法を、オンラインで若手研究者に提供することで、日英間の研究交流を促進するためのプロトタイプとなりました。

また、ワークショップの内容は、ARCの日本美術コレクションのデジタルアーカイブ技術を世界に広めるという目的に沿って、録画されました。
今後、デジタル化プロジェクトのための教材や参考資料として活用されることが期待されます。

本企画は、日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点(ARC-iJAC)及び、SISJACの「Digital Japan Project」の一環として行われています。

SISJAC's report of the workshop→

※このイベントは非公開となっております。

立命館大学 河角直美准教授のオーバーレイマップを利用した占領期の京都が京都新聞に掲載されました。

記事は こちら

2021年5月22日(土)に「日中文化交流と人文学の新たな座標」をテーマとした、第二回 立命館大学-清華大学 国際学術シンポジウムが開催されました。

本シンポジウムは、中国・清華大学人文学院と立命館大学大学院文学研究科、立命館大学アート・リサーチセンター(以下、ARC) 国際共同利用・共同研究拠点(ARC-iJAC)の共催で、立命館大学アジア日本研究推進プログラム「『アジア芸術学』の創成」の後援を受けて行われました。

開会にあたり立命館の仲谷善雄総長は、今回のシンポジウムが清華大学や中国の人々と立命館との研究、学術交流を促進し、友好を深める絶好の機会であると挨拶しました。

続いて、清華大学人文学院 倪玉平副院長が、パンデミックなどの危機的状況や複雑な課題の中で、自然科学に加えて人文科学が重要であることを強調し、両大学の包括的パートナーシップを深めていきたいと話しました。

両大学の研究実績紹介
デジタル・ヒューマニティーズの視点や研究活動についての発表

くずし字翻刻システム 立命館大学の金子貴昭准教授は、資料の保存・修復からデジタル化までの流れを一元化した「ARCモデル」、オンライン研究空間の「ARCリサーチ・スペース」を紹介しました。
また、デジタル化されたコンテンツを研究に活用するための浮世絵ポータルデータベース古典籍ポータルデータベース、演劇の上演関係資料を収録する番付ポータルデータベースなどの研究資源別に専門性を持たせたポータルデータベースの運用についてもお話しがありました。デジタル・ヒューマニティーズの研究を支援するためにARCが運用している強力なツールである「くずし字翻刻システム」は、くずし字に使われる草書体の解読支援機能をAIに持たせた解読学習・教育支援システムです。このシステムは、くずし字解読の人材育成システムとしての役割も担っています。
現在ARCでは、原資料の取り扱いからデジタル化、データベース構築から成果発信まで、研究者が主体となって取り組めるオンライン研究体制を整え、ボーンデジタル型の循環型研究を実現できるよう、研究実践とノウハウ開発に取り組んでいることが示されました。

ARC地図ポータルデータベース立命館大学の矢野桂司教授は、洛中洛外図屏風のポータルサイトと比較システムについての研究発表を行いました。
現在、国内外で約170もの洛中洛外図屏風の存在が確認されており、これらを一覧できる洛中洛外図屏風ポータルデータベースの構築に取り組んでいること、さらに、複数の洛中洛外図屏風と当時の古地図や現在地とを比較することのできる 洛中洛外図4画面比較 の構築を行い、洛中洛外図屏風の変遷を明らかにすることを可能にしたと述べました。
また、国内外の図書館・博物館などが所蔵する日本で作製・出版された過去の地図・絵図などの古地図を、インターネット上で検索、閲覧、分析することができる、WebGISベースでのポータルサイト「Japanese Old Maps Online」についても紹介しました。
日本の古地図を横断的に検索できるARC地図ポータルデータベース、誰もが簡単に現在の地図との重ね合わせを可能にするジオリファレンス・システム 日本版Map Warper、そして、それらの古地図をWebGISで表示・分析・公開するJapanese Old Maps Onlineなどの開発を行っています。

清華大学の王成教授は、明治・大正の「修養の時代」に合わせて、近代日本における『菜根譚』の受容について述べました。明治十年代から、社会での成功のために、精神の「修養」や人格の形成が大きくクローズ・アップされるようになり、日本社会の文化現象となりました。『菜根譚』は修養書として評価されており、江戸時代から読まれてきた『菜根譚』は、明治期には煩悶に苦しむ人々を慰め、心の安らぎを与える修養書として、翻刻だけでなく、注釈書も多数出版され、ベストセラー的なものだったと紹介しました。

清華大学、立命館大学をはじめ、大学や研究機関から多くの方々が参加し、活発な議論が行われました。

多様なテーマでの新しい研究成果が生まれることに期待

アート・リサーチセンター長細井浩一教授シンポジウムの最後に、アート・リサーチセンター長である細井浩一教授は、両大学がデジタル・ヒューマニティーズ研究に力を注ぐことで、デジタル技術の力を借りて、さらに多様なテーマで新しい国際共同研究のスタイルが生まれることを期待していると述べました。

シンポジウムに参加した仲谷総長は、「データベースやデジタルアーカイブを使って、多くの人が日本文化を研究していることに感銘を受けた」と述べ、これらのアーカイブから多くの新しい研究成果が生まれることに期待を寄せました。

シンポジウムの企画・運営を主導した西林孝浩教授は、講演者、参加者、関係者の皆様に感謝の意を表し、「人文学を出発点として、清華大学と立命館大学の研究交流がさらに深まり、デジタル人文学など他の分野にも広がっていくことを強く期待している」と述べました。

共同学術シンポジウムとして二回目の開催となった本シンポジウムは、清華大学と立命館大学の協力関係の強化につながり、双方の人文学とデジタル技術研究の進歩を示す有意義な機会となりました。

※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、本イベントはオンライン開催となりました。

第二回 立命館大学-清華大学 国際学術シンポジウム   第二回 立命館大学-清華大学 国際学術シンポジウム

第二届 立命馆大学-清华大学国际学术研讨会   第二届 立命馆大学-清华大学国际学术研讨会

日  時: 2021年5月22日(土)14:00~18:20
実施方法: Zoomによるオンライン開催(日本語・中国語の同時通訳あり)

共催:清華大学人文学院、立命館大学大学院文学研究科、立命館大学アート・リサーチセンター国際共同利用・共同研究拠点(ARC-iJAC)
後援:立命館大学アジア日本研究推進プログラム「『アジア芸術学』の創成」


参加費:無料

お申し込み方法
r-darc (at) st.ritsumei.ac.jp (at を @に変えてください) にて受け付けます。
「件名:【申込】清華大学・立命館大学国際学術シンポジウム」として、所属・お名前・連絡先メールアドレスを明記した申込メールを上記まで送ってください。
申込を受け付けましたら、Zoomアドレスをお送りします。

お問い合わせ先
立命館大学衣笠キャンパス アート・リサーチセンター事務局 r-darc (at) st.ritsumei.ac.jp (at を @に変えてください)
075-465-8476(月~金 9:00~17:30)


続きを読む>>

1 2 3 4