Report
  1. HOME
  2. 活動報告
  3. イベント情報
  4. 国際共同利用・共同研究拠点関連

国際共同利用・共同研究拠点関連

 [書込]

1 2 3 4 5 6 7

[イベント情報]
2021年4月28日(水)

2021年4月28日(水)18:00より、Web配信にて第83回国際ARCセミナーを開催いたします。

プログラムは下記となります。

1.「デジタル美術史における距離の問題:ResearchSpace Knowledgeシステム利用による、研究の方法・考え方の把握」

講師:大英博物館 ResearchSpace代表、エジプト・スーダン部門シニアキュレーター Dominic Oldman 氏

Abstract
 本セミナーでは、デジタル技術、特にデータの活用について、これまでとは異なるアプローチを紹介する。当該アプローチでは、コンピュータシステムを単に定量的参照を公開したり、手助けを見つけたりする手段としてだけではなく、思考や解釈、議論を表現するための環境でもあると捉えている。セミナーでは、大英博物館の「Late Hokusai」サイトをはじめとする様々なプロジェクト例を紹介し、これらプロジェクトが、知識表現の原理を人文科学的な研究手法と組み合わせることにより、断片的な情報を取り除き、複雑な文脈を表現できることを示す。それにより、ResearchSpaceが、デジタルツールを使って研究課題を十分に調査・分析するために必要な、物理的な側面だけでなく、知的な側面にも対応していることを示す。

2.「東アジアにおける漢籍需要の多様性」

講師:衣笠総合研究機構 助教  東野 陸先生

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日時:2021年4月28日(水)18:00~19:30

参加:Zoom配信、無料(予約不要)

※ARCメンバー以外の方もインターネットでご参加いただけます。以下アドレスからご覧下さい。

https://www.youtube.com/channel/UCNlN7ppEMMnF_eoA0PXl2dA/featured

Project Overview

Professor Gerstle, thank you for your time today.sjL3-0004_ed2.jpg

As the leader of the FY2020 ARC-iJAC project "Cultural Salons and the Visual Arts in Kyoto and Osaka, 1750-1900: Digitizing Kamigata Surimono and Paintings", could you please tell us the reason why you started this project?

Prof. Gerstle: I have been fascinated over the years by discovering how common it was in the Edo period for men and women of all ages and statuses to be active in cultural pursuits (遊芸) for pleasure.

I first realized this in researching gidayū amateur performance, where I found that until World War II gidayū as a hobby was popular all over Japan. I then saw how kabuki actors circulated among patrons and fans via haikai gatherings. Pursuit of the arts also importantly was a way for women as well to socialize outside their neighbourhood, and for individuals of different status (身分) to interact.

I still find it intriguing that individuals often had several pen names for their different activities. Under a pen name, everyone was nominally equal as a devotee of the particular art they were participating in. In contemporary Japan, we still see that it is common to socialize through cultural or other organized activities, like the clubs at university.

How do you feel about the overall execution of this project? Have you come across any particular challenges?

sjL3-0016_ed2.jpg

Prof. Gerstle: The key element of this project is to create an online research corpus of paintings, surimono, and illustrated books, and then to siphon out all the information held in them in order to try to begin to understand the dynamics of how circles and networks functioned and how they supported the arts.

The ARC staff under Prof. Akama have done a magnificent job in photographing carefully about 2000 surimono and in the process of photographing more than 1500 paintings. Further, we have been able to input basic data on the items.

I did not think that we would get this far because the coronavirus pandemic has restricted travel. I have not been able to come to Japan as planned.

How have the ARC-iJAC resources supported you in realizing this project?

Prof. Gerstle: The skill, experience, and resources of the ARC-IJAC have made this project possible. No other institution could have done this work as efficiently.

Could you please give us an overview of the most significant research outcomes of this project so far?

sjL3-0040_ed2.jpg

Prof. Gerstle: There are two important outcomes of this grant. First, it enabled us to digitize the Scott Johnson extensive kamigata surimono collection - with over 2000 items, the largest known collection - and to make it available to researchers. The digitalization then enabled the British Museum to propose the acquisition of this collection to its Board for approval.

This is the first stage of a larger project. The completion of the digitalization of the large research corpus has made it possible for us to apply for a grant in the UK to continue this work, particularly in analyzing the data thus far collected.

The second important outcome is the start of the digitalization of the Hakutakuan private kamigata painting collection of more than 1500 items. Until now, only about 100 items have been published. This is an extremely important, large collection with a wide range of artists, including women artists. The inclusion of this collection in the ARC database will greatly enhance 19th-century kamigata art studies.

This is the first stage of a larger project. The completion of the digitalization of the large research corpus has made it possible for us to apply for a grant in the UK to continue this work, particularly in analyzing the data thus far collected.

What are your plans for the future to continue and expand this research project?

Prof. Gerstle: We hope this coming year to complete the digitizing of the private painting collection. At the same time, we are now preparing to submit a research proposal for a three-year grant to the UK Funding Council.

sjL3-0049_ed2.jpg sjL3-w091 Takumi_ed2.jpg

Thumbnail image for DSC06114.jpg

特別公開「着物の虫干し展」
3月21日・22日に京都市指定有形文化財である長江家住宅において、「着物の虫干し展」が株式会社フージャースホールディングス主催、立命館大学アート・リサーチセンター共催にて開催されました。
新型コロナウイルス感染症の影響で、2019年夏の屏風祭以降、1年半ぶりの特別公開となった今回の特別公開は、感染症予防のため定員を設けた公開でしたが、多くの方にご来場いただき、2日間で50名以上の見学者を迎えることができました。

長江家住宅は代々、呉服卸商を営んできた長江家が店舗兼住宅として使用してきた、典型的な職住一体の京町家の佇まいを今も受け継いでいます。
今回の特別公開では、長江家住宅の土蔵に保管されている着物の虫干しを兼ねて展示を行いました。
祇園祭をこよなく愛し、船鉾を支える旦那衆の一人、囃子方としても活躍した長江家7代目当主が祭の様々な行事で着用していた夏の羽織などを中心に、日常的に着用されていた普段使いの着物も展示しました。
また、各部屋には商売道具や日用品も展示され、当時の洛中の商家の暮らしや商売の一端を垣間見ることができました。祇園祭の羽織にあしらわれている家紋とは異なる、商売用の紋も家のいたるところで見ることができます。

これと同時に離れ座敷では、ARCが調査研究している長江家旧蔵の染織資料のデジタル・アーカイブの研究成果も展示されました。

Thumbnail image for image.jpgのサムネイル画像 Thumbnail image for DSC06129.jpgのサムネイル画像 Thumbnail image for DSC06142.jpgのサムネイル画像

長江家住宅について
長江家住宅は、江戸末期に京都市の中心地に建てられ、京都市指定有形文化財の指定を受けています。
主屋は二階建ての伝統的な表屋造りで、禁門の変による京都大火で焼失した後の慶応4(1868)年に再建された北棟と、明治40(1907)年に建設された南棟、離れ座敷、蔵などがあります。
建物の一部は近年復原修復工事が行われましたが、住宅のほとんどの部分は一世紀以上の年月を経たものです。
表側は商売に、奥は生活にというように、各部屋は用途に合わせて使われて来ました。離れ座敷は婚礼など特別の機会にも使われていたようです。

Thumbnail image for DSC06168.jpgのサムネイル画像 Thumbnail image for DSC06139.jpgのサムネイル画像

ARCの研究について
ARCは長江家住宅の保存・研究に長年関わってきました。掛軸、屏風、着物や日用品を含む所蔵品の調査とデジタル・アーカイブを行う中で、それらの資料は立命館大学が寄贈を受けました。最近の調査では着物や帯の図案帳や紋帳、商品簿等が土蔵から見つかり、長江家の呉服商としての幅広い業態も明らかになってきており、これらも今回の展示で紹介しました。
ARCは、引き続き、調査、デジタル・アーカイブを通じて、長江家コレクションのデータベースを充実させ、日本文化資源の保存に貢献していきます。

Thumbnail image for DSC06163.jpg Thumbnail image for DSC06147.jpg Thumbnail image for DSC06148.jpg DSC06124.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像 DSC06157.jpgのサムネイル画像

長江家住宅(リンク):公式ホームページ  フェイスブック インスタグラム

主催:株式会社フージャースホールディングス
共催:立命館大学アート・リサーチセンター

Professor Tsukamoto, thank you for your time today.

As the leader of the FY2020 ARC-iJAC project "Construction of a 3D Model Database of Japanese Armor in the Collection of the Tokushima Castle Museum, Tokushima City", could you please tell us the reason why you started this project?

armor_1.jpg

Prof. Tsukamoto: This project started around five years ago. At that time, SfM (Structure from Motion)--a technology that generates point cloud data from drone photography and the video and images captured--had just begun to attract attention in the fields of surveying, archaeology, and GIS. Yet, databases with two-dimensional images were mainstream.

We thought that, depending on the type of cultural property, it would better to create and store three-dimensional data to preserve their features in a digital archive more accurately. Around that time, I had the opportunity with Tokushima University to work on the 3D measurement of archaeological sites and collaborative projects with local museums.

I thought about the possibility of creating a three-dimensional archive of cultural properties held by local museums that would appeal to the local communities.

日本文化資源のデジタル・アーカイブを促進する国際共同利用・共同研究拠点の構築に向け、2020年度の研究プロジェクトを募集中です。本制度は、研究費の配分は受けずに、アート・リサーチセンターが所有している研究設備・資源(施設、機器、クラウド領域、データベース等)を利用し、共同研究を遂行していただく課題〔研究設備・資源活用型〕です。研究設備・資源活用型として採択された共同研究課題メンバーは、アート・リサーチセンターの研究設備・資源をご利用いただけます。
年度を通じて受付けていますが、効果的に活動を進めていただくために、早めに申請してください。

共同利用・共同研究拠点の詳細・申請書類等はこちら
2020年度 国際共同研究〔研究設備・資源活用型〕 募集概要


募集要項

申請資格

研究代表者は原則として、大学、研究機関等(博物館、美術館、図書館、自治体等を含む)に所属する研究者(大学院生は除く)とします。

研究組織

1. 研究組織は、一人(研究代表者)または複数の研究者(研究代表者及び研究分担者)で構成されます。

2. 本センター所属教員(専門研究員・研究員・客員研究員は含まない)を研究分担者とすることを推奨しますが、本センター所属教員を研究分担者としない研究課題も応募できます。この場合、本センター所属教員をコーディネーターとして配置します。

3. 採択後に研究分担者を募集することも可能です。募集については、本センターがサポートいたします。

研究期間

採択日~2021年3月31日


お問い合わせ先

立命館大学 研究部 衣笠リサーチオフィス内 アート・リサーチセンター
文部科学省 国際共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点」事務局
担当:中村、深津、村井
TEL:075-466-8476(9:00~17:30)
E-mail:r-darc (at) st.ritsumei.ac.jp (at を @に変えてください)


ARC-iJACに登録する松竹大谷図書館の研究プロジェクトで、大谷図書館が所蔵する戦前の東京・歌舞伎座のプログラム(「絵本役割」や「筋書」などと呼びます)をデジタル化して、オンラインで公開するプロジェクトが、立命館大学アート・リサーチセンターでスタートしました。

現在、デジタル撮影の準備として、合本製本されていたプログラムを、糊や留め具を除去して単冊に解体する作業が行われています。資料の状態を事前に確認し、必要に応じて解体や補修などを行うことも、デジタル化のための大切な作業です。
合本を単冊の状態にすると、上からガラス板などで均等に押さえてフラットな状態で撮影が出来るようになり、ゆがみが少ないきれいな画像の製作が可能となります。

作業の様子をARC-iJACの映像配信システム(ARCtube)から御覧いただけます。
https://www.arc.ritsumei.ac.jp/mov/video/224/shochikusujigakidemo02

このデジタル・アーカイブ化プロジェクトは、松竹大谷図書館が2020年に実行したクラウドファンディング「【第9弾】演劇史を紐解く、歌舞伎座の絵本番付と筋書を後世へ。」で募集した支援金により実施されます。
デジタル化されたプログラムは、松竹大谷図書館と立命館大学アート・リサーチセンターとの間で結ばれた協定に基づき、 現在公開中の松竹大谷図書館【芝居番付検索閲覧システム】へデータ統合され、オンラインで公開されます。

title01.jpg 昭和16年の歌舞伎座筋書の合本製本を解体した表紙

title02.jpg 昭和16年の歌舞伎座筋書の合本製本を解体した単冊

52nishiura_1.jpgProfessor Nishiura, thank you for your time today. Can you please tell us more about your area of research?

Prof. Nishiura: I joined the College of Information Science and Engineering at Ritsumeikan University in 2004. My research focuses on acoustic signal processing, acoustic systems, and sound interfaces, amongst others.

I conduct integrated research on the analysis, understanding, reproduction, and synthesis of a sound environment to improve society through sound. My goal as a researcher is to create a sound environment for people to live comfortably.

Could you please elaborate on this?

Prof. Nishiura: A practical example may be the visit to the dentist. Many people feel uncomfortable with the dental drilling sound. I have researched and developed a technology of sound esthetics, also called noise-masking so that people are not bothered by the unwanted noise by overlapping it with a pleasant sound.

audiospot.png

Furthermore, I have been investigating audio spot technology, a technique to transmit sound only in a specific area. Loudspeakers utilizing ultrasound waves have a higher directivity and can form a narrow audible area to a particular listener, i.e., the audio spot.

This is useful for exhibitions at museums, for example, when you would like to give visitors information relevant to each exhibited object.

kowatarisarasa-fu.jpgDutch Textiles in Global History: Interconnections of Trade, Design, and Labour, 1600-2000

日付: March 11 & 12, 2021

時間: 9:00-12:30 CET (17:00-20:30 JST)

実施方法: オンライン

The online workshop "Dutch Textiles in Global History: Interconnections of Trade, Design, and Labour, 1600-2000" is co-organized by the ARC with colleagues from Utrecht University (the Netherlands) and Hosei University, Tokyo. During this workshop, an interdisciplinary range of scholars will discuss the role of Dutch textiles in global markets from the seventeenth century to the late twentieth century.

Click here for the preliminary program.

Click here for the abstracts.

Registration: Should you be interested in attending the workshop, please fill out this contact form with Subject: "Workshop March 2021".

ARCの海外美術品デジタルアーカイブプロジェクトが進めてきたオランダ・ライデン国立民族学博物館の日本文化資料の内、浮世絵・銅版画・古典籍などのデジタル化資料が、民族学博物館の許可を得て、全作品一般公開することになりました。
今回公開する資料は、素材が紙の印刷物や絵画資料が中心となります。

https://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/vm/RV/

よく知られているように、ライデン国立民族学博物館は、シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)や出島の商館長であったブロンホフ(Jan Cock Blomhoff)らのコレクションを中心に、江戸時代ヨーロッパで唯一日本と交易のあった国として、多数の日本コレクションが集められており、日本文化研究者が数多く訪問して収蔵品の研究を行ってきました。

博物館の収蔵品は、オランダ国内の他の2館とで組織するオランダ国立世界文化博物館のコレクションデータベースからも閲覧できるようになっていますが、日本人にとっては、ARCのデータベースから民族学博物館の資料を集中的に閲覧できるようになりました。 それぞれの作品には、世界文化博物館のデータベースにも直接アクセスするボタンも設置しましたので、オリジナルデータベースの解説データもワンクリックで確認することができます。また、同時にARCのポータルデータベースからも閲覧できますので、他の所蔵機関の資料とも比較しながら鑑賞することもできます。

是非とも、ご活用下さい。

立命館大学 アート・リサーチセンターの紹介ビデオが公開されました。
日本の芸術と文化に関する様々な国際的研究活動を紹介しています。
是非、ご覧ください。

1 2 3 4 5 6 7