Report
  1. HOME
  2. 活動報告
  3. イベント情報
  4. 国際共同利用・共同研究拠点関連

国際共同利用・共同研究拠点関連

 [書込]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

2021年2月13日(土)、知識・芸術・文化情報学研究会主催の第10回 「知識・芸術・文化情報学研究会」が、アート・ドキュメンテーション学会関西地区部会・情報知識学会関西部会共催、立命館大学アート・リサーチセンター 文部科学省 国際共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点」協力のもと開催されました。
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、今回はZoomでの無料開催となりました。

「知識・芸術・文化情報学研究会」は、芸術、文化、その他関連分野のデジタルヒューマニティーズ研究に関心のある大学院生や若手研究者を中心に、研究発表や交流の場として2011年に発足しました。
このイベントは、さまざまな研究分野からの参加者らが、交流を通じて新たな研究テーマや手法を発見する機会を提供するとともに、従来の学会とは少し異なる、実験的で新しい方法での発表を行う場となりました。

世話役〔五十音順〕:赤間亮(立命館大学)、田窪直規(近畿大学)、村川猛彦(和歌山大学)

アート・ドキュメンテーション学会


プログラム: →発表要旨
12:50 開会挨拶
12:55 発表1
「情報処理科目を対象とした選択式問題生成支援システムの改良」
山口 晶啓(和歌山大学システム工学部)
13:20 発表2
「遺跡に関するデータベースの位置情報修正の検討」
武内 樹治(立命館大学大学院文学研究科)
13:45 発表3
「自治体史等の地域資料のデジタル化・オープン化の進展状況 - 神奈川県市域部と町村域部とにおける相違点」
長塚 隆(鶴見大学名誉教授)
14:10 休憩
14:25 発表4
「系図コンテンツの効果的な閲覧の支援に関する研究」
東 涼介(和歌山大学大学院システム工学研究科)
14:50 発表5
「ソーシャルVRサービス“VRChat”を用いたバーチャル展示制作システムの開発 -立命館大学アート・リサーチセンター閲覧室を事例に-」
江﨑 笙吾(立命館大学文学部)
15:15 発表6
「3次元計測で得られる大規模ポイントクラウドを用いた有形文化財の衝突可視化」
Li Weite(立命館大学大学院情報理工学研究科)
15:40 休憩
15:55 発表7
「日本文化資源としての「時代劇」関連資料アーカイブの構築と活用 ~書き込み脚本を例に~」
辻 俊成(立命館大学大学院文学研究科)
16:20 発表8
「演劇アーカイブ研究:現代演劇を中心とした理論と実践」
村上 佳奈子(立命館大学大学院文学研究科)
16:45 休憩
17:00 発表9
「深層学習モデルに基づく浮世絵画像検索システムの開発」
王 嘉韻(立命館大学大学院情報理工学研究科)
17:25 発表10
「浮世絵レコードのクロスモーダル多言語横断検索に向けて:Multilingual-BERTによる作品情報の特徴埋め込み抽出の試み」
Li Kangying(立命館大学大学院情報理工学研究科)
17:50 閉会挨拶
18:00 懇親会

ARC-iJACでは、2021年度に本拠点から研究に必要な経費の配分を受けて共同研究を行う、国際共同研究課題〔研究費配分型〕を公募しています。申請締切は202121日(月)午前10時です。

国際共同研究課題〔研究費配分型〕の公募要項・申請書はこちら

続きを読む>>

[イベント情報]
2021年1月20日(水)

2021年1月20日(水)18:00より、Web配信にて第81回国際ARCセミナーを開催いたします。

プログラムは下記となります。

1.「'Hokusai's drawings for Banbutsu ehon daizen zu (1829) and how they can be represented in the British Museum's ResearchSpace'」

講師:大英博物館 アジア部門名誉リサーチ・フェロー Timothy Clark先生

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日時:2021年1月20日(水)18:00~19:30

参加:Zoom配信、無料(予約不要)

[イベント情報]
2021年1月14日(木)

With the establishment of the International Joint Digital Archiving Center for Japanese Art and Culture (ARC-iJAC) in 2019, the Art Research Center strives to push internationalization of research activities that transcends disciplines and geographic boundaries.
The Art Research Center would like to express
our sincere gratitude for your continued support.
May your year be filled with health, joy and happiness.

NEWS

Important Notice: Temporary closure of the Art Research Center for visitors effective from April 8, 2020 in order to prevent the spread of COVID-19. Read more >>

< Call for Application >
FY 2021 International Joint Research with Research Fund, ARC-iJAC

Deadline: Monday, February 1, 2021, 10AM (JST)

The group of 103 once-lost drawings by Hokusai that were rediscovered and acquired by the British Museum in 2019 is available in the ARC database, including metadata based on the ARC's further research.
An Interview with Professor Satoshi Tanaka (College of Information Science and Engineering, Ritsumeikan University)
Prof. Tanaka, a member of the ARC, discusses how 3D ultra-high-quality, see-through visualization models of large-scale cultural heritage are created in Japan and abroad using the latest 3D scanning technologies and how AI helps to reproduce what human eyes cannot see.
The 2nd exhibition in the Ako City Chushingura Ukiyo-e Digital Exhibition Room showcases a collection of works that depict Oboshi Yuranosuke (or Oishi Kuranosuke), the protagonist of the play Chushingura (忠臣蔵, The Treasury of Loyal Retainers).
The ARC has published the collection of Takeuchi Michitaka, one of the re-presentative collections of the Kunitachi College of Music Library and a treasure trove of early modern Japanese music materials. >> Enter the exhibition
Watch the Video "An Evening of Noh and Kyogen"
In cooperation with the ARC, the Japan Foundation Kyoto Office released this video of its annual event for international students and others interested in Japan to experience traditional Japanese culture through the Noh and Kyogen performances.
*
Both productions are presented with an English synopsis.
Previously in private possession in the US and Europe, a set of damaged picture scrolls depicting the folk tale of Shuten-doji, a mythical demon leader thought to be residing in Mt. Oe, has returned to Japan for the first time in 130 years.
Entrusted with its restoration, the ARC started a crowdfunding project in 2019 successfully. As a gesture of gratitude, we offered a limited number of donors to visit the restoration site.
The ARC is thankful for the opportunity to revive this valuable cultural asset from the 17th century, and is looking forward to exhibiting these picture scrolls when the restoration is completed.
Upcoming Events
Wednesday, January 20, 2021, 18:00-18:45
81st International ARC Seminar (Webinar)
"Hokusai's drawings for Banbutsu ehon daizen zu (1829) and how they can be represented in the British Museum's ResearchSpace"
Speaker: Timothy Clark (Honorary Research Fellow,
Department of Asia, The British Museum)
Previous Issues:
Autum Newsletter 2020
Summer Newsletter 2020
Spring Newsletter 2020
Twitter
Website
view this email in your browser
Copyright © 2020 Art Research Center, Ritsumeikan University. All rights reserved.

Our mailing address is:
56-1 Toji-in Kitamachi, Kita-ku, Kyoto 603-8577 JAPAN

Want to change how you receive these emails?
You can update your preferences or unsubscribe from this list.

[イベント情報]
2021年1月13日(水)

2021年1月13日(水)18:00より、Web配信にて第80回国際ARCセミナーを開催いたします。

プログラムは下記となります。

1.「デジタル音楽学???」

講師:立命館大学 文学部准教授 小寺 未知留先生

2.「ダンスにおける〈作品〉という問題——実践と理論による横断的考察——」

講師:立命館大学大学院 先端総合学術研究科 児玉 北斗氏

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日時:2021年1月13日(水)18:00~19:30

参加:Web配信、無料(予約不要)

※ARCメンバー以外の方もインターネットでご参加いただけます。以下アドレスからご覧下さい。

https://www.youtube.com/channel/UCNlN7ppEMMnF_eoA0PXl2dA/featured

48tanaka.jpgProfessor Tanaka, thank you for your time today. Firstly, could you please tell us how you joined the Art Research Center at Ritsumeikan University?

Prof. Tanaka: In 2004, the College of Information Science and Engineering was founded at Ritsumeikan University. I was appointed to the Department of Information Science and Engineering in 2002 as a founding member.

Coincidently, the Art Research Center had been selected for the 21st Century Center of Excellence (COE) Program "Kyoto Art Entertainment Innovation Research" by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology (MEXT) in the same year and so, the joint research started.

Can you please tell us more about your area of research?

funehoko.pngProf. Tanaka: I conduct research on the ultra-high-quality visualization and visual analysis of cultural heritage to digitally preserve valuable cultural properties in Japan and abroad.

By utilizing the latest 3D scanning technologies such as laser scanning and photogrammetry techniques, we can obtain large-scale point-cloud data of cultural assets.

We have proposed a novel method of see-through visualization applicable to point cloud data. This method enables us to visualize the complex inner and outer structures of tangible cultural heritage.

続きを読む>>

国際交流基金(JF)京都支部では、海外からの留学生や外国人の方々、国際交流基金のフェロー、関西国際センター研修生に、日本の伝統文化にふれていただく機会を提供することを目的として、毎年秋に「国際交流の夕べ-能と狂言の会」を開催していましたが、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、海外から日本研究者・留学生等の来日が困難な状況であり、また、感染拡大防止のため、収録した無観客舞台の公演映像を 12月24日(木)14時より1年間無料配信 いたします。

◆番組名
「国際交流の夕べ-能と狂言の会」

狂言/大蔵流 茂山千五郎師『清水(しみず)』

能/観世流 片山九郎右衛門師『舎利(しゃり)』

(能・狂言とも、あらすじの英語字幕付)

国際交流基金 国際交流の夕べ-能と狂言の会2020の詳細 >> こちら

お知り合いへの情報拡散もよろしくお願いします。

kokusaikoryu2020_J.jpg  kokusaikoryu2020_J.jpg

令和2年度文化庁「文化芸術による子供育成総合事業−巡回公演事業−」のウェブサイトにて、事業に参加している片山家能楽・京舞保存財団による能「一角仙人(いっかくせんにん)」の動画が公開中です。アート・リサーチセンターは、同財団との協定を踏まえ、映像技術の面で協力させていただきました。

事業の対象である小中学生向けに制作された本動画は、物語の説明文や解説文にふりがなが付いていますので、子供から大人までお楽しみいただけます。ぜひご覧ください。

能「一角仙人」
企画・制作:公益財団法人 片山家能楽・京舞保存財団
協力:立命館大学アート・リサーチセンター

・「一角仙人」や能楽に関する説明はこちらをクリックしてください。

・令和2年度文化庁「文化芸術による子供育成総合事業−巡回公演事業−」の詳細はこちらをクリックしてください。

[イベント情報]
2020年12月16日(水)

12月16日(水)18:00より、Web配信にて第79回国際ARCセミナーを開催いたします。

プログラムは下記となります。

1.「韓国の鬼神表象における日本の歌舞伎の影響」

講師:京都大学文学部 非常勤講師 朴 美暻先生

2.「ゲーム保存における関連資料の可能性

講師:立命館大学 文学研究科文化情報学専 博士課程後期課程 毛利 仁美氏

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

日時:2020年12月16日(水)18:00~19:30

参加:Web配信、無料(予約不要)

※ARCメンバー以外の方もインターネットでご参加いただけます。以下アドレスからご覧下さい。

https://www.youtube.com/channel/UCNlN7ppEMMnF_eoA0PXl2dA/featured

12月2日(水)に第78回国際ARCセミナーを開催しました。今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、オンラインでの開催となりました。
今回参加できなかった方々も 1月末日までの限定公開 で国際ARCセミナーが視聴できます。

Youtube公開は終了しました。

プログラムは下記となります。

「Tsuda Seifu's beginnings as a Kyoto design artist」

講師:関西大学名誉教授 Scott Johnson 先生(ARCからWeb配信)


[On copyright of Tsuda Seifu's artworks]

In his Kyoto years, Tsuda Seifu's woodblock printed art was the product of publishers who owned the blocks, and therefore controlled publication rights. The artist was paid at the time of original publication, and his rights were then taken over by the publishers. This was the "hanmoto" tradition, carrying on from the Edo period. I would like to thank the Unkindo/Unsodo publisher descendants, who graciously allowed me to use images of Tsuda's artworks for this YouTube video. (Scott Johnson)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11