2008年4月 4日

歌舞伎外題・手書き文字などの外字をwebサイト上に表示

Webサイト上で外字を自在に表示したり、縦書き表示を容易にするのを目的として、(有)ハイパーワークスシステムと共同研究をスタートしました。
本プロジェクトのデータベースやブログでは、歌舞伎の外字など、表示できない漢字がたくさんあります。これらを本プロジェクトが使っている様々なシステム上で表示させることが可能かどうか研究していきます。
本年度第1回目として2008年4月4日11時から調整・打合せをしました。
<続きを読む>をクリックすると、本ブログシステムでの表示結果が確認できます。。

『 Webで文字が詠いだす!』 
Glyph-On! (グリフォン)  &  sTEP!T (ステップイット)
 http://glyph-on.jp/     http://glyph-on.jp/demo2/

歌舞伎外題には、いわゆる外字にあたる文字がたくさんあります。
たとえば、「吾嬬菊☆の雛形」の☆は、書物によっては、「吾嬬菊宿の雛形」と「宿」になっているものがあります。しかし、本当は、「」という文字で、「やよい」と読みます。つまり、弥生を意味する漢字で、3月興行の歌舞伎の外題に何度か使われていたのです。大漢和辞典には載っていますが、例えば活字版の「歌舞伎年代記」では、この文字を知らなかったせいか、「宿」の文字を使っています。3月は宿下がりの時期であるから宿を使うのだという説明も聞いたことがありますが、それはこじつけだったのです。
この文章は、外字をWEB上で表示する実験の文章です。それでは次の漢字は表示できますか?
相合源氏旗上
源氏
吾嬬菊の雛形
今様酒宴
色増夕映
想初恋
濡嬉浮寝
初花曽我

コメントする








  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集