2007年8月29日

大英博物館第1回目Digital Archiving

20070828BM01.jpg 2007年8月29日~9月14日
メンバー:赤間・金子・松葉
大英博物館は、世界の博物館をリードし、日本でも人気が高い。ここには、日本美術の粋を集めたコレクションがある。中でも浮世絵は、肉筆・版画を含めて質、量ともに優れヨーロッパでは、最大級のコレクションである。本アーカイブプロジェクトは、このデジタルアーカイブを行っている。

今回のデジタルアーカイブプロジェクトは、これまでのヴィクトリア&アルバート博物館での全作品デジタルアーカイブの実績が評価されたもので、学芸員のクラーク氏の提案によりスタートすることになった。浮世絵アーカイブのこれまでのノウハウを全て注ぎ込み、デジタルアーカイブならではの、応用利用への展開することを計画しているが、すでに大英博物館全館で始っている全資料WEB公開の壮大なプロジェクトの一貫としての役割も担っている。

大英博物館に収蔵される浮世絵の正確な数は不明だが、この収蔵庫の半分は、浮世絵版画で埋っている。おそらく、2万点を超えるのではないかと予想できる。クラーク氏によれば、絵入版本も特に急いでアーカイブしたい資料群とのこと。浮世絵版画が終わると近代版画になるが、これは予想以上に多く、1万枚を超えていると予想できる。
20070829BM01.jpg大英博物館の閲覧室は、日本展示室の奥、普段はロックされているドアの奥にある。収蔵庫は、資料の形態によって置き場所が分れているが、閲覧室(Student Room)のすぐ隣にある収蔵庫には、屏風や軸物、浮世絵などの絵画が置かれている。 

←ここが大英博物館の日本部門Student Roomである。毎日のように閲覧者が訪れ、資料を調査・撮影をしていく。Visitor's Bookには、訪問者の名前が書留められていく。

 

20079829BM02.jpg

←このカードケースは、浮世絵版画のもの。デスクは、クラーク氏やアシスタントのレジーナさんが使っている。データベースへの登録やチェックもこのパソコンで行っている。

 

 



20079829BM03.jpg

撮影セットを収蔵庫内に設置してデジタル撮影を開始した。まずは、 デジタルアーカイブが最大の効果を発揮する、未整理資料(マウントしていない箱)からスタート。近年購入して、これもまだ未整理状態の作品も2包み、クラーク氏が取出してきた。これらも、クラーク氏が作品の裏にエンピツで番号付けをしてから、撮影することに。
(←撮影作業中の金子)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大英博物館第1回目Digital Archiving

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/357

コメントする








  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集