Report
  1. HOME
  2. 活動報告
  3. イベント情報
  4. 国際共同利用・共同研究拠点関連

国際共同利用・共同研究拠点関連

 [書込]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

今回は、AIによる翻刻支援と熟練チューターの添削を受けられます!!

 立命館大学アート・リサーチセンターでは、文部科学省国際共同利用共同研究拠点の研究支援活動および「国際日本研究」コンソーシアム公募事業の一環として、ARC古典籍ポータル・データベースと翻刻システムを使った古文献の解読講習会・錬成講座、ならびに古文献の解読を目指すプロジェクトの支援を実施しております。

 今回募集する第2Phaseでは、個人やグループが、それぞれに翻刻したい作品を選び、個別に翻刻プロジェクトを進めていくことができます。本講座では、AIによる翻刻支援システムが使えるのに加え、熟練の専門チューターが、各プロジェクトの翻刻結果を添削・指導します。

 10月22日(金)(午前9:30開始)のキックオフセミナーでは、国際日本文化研究センターの荒木浩先生によるくずし字翻刻にかかわるご講演、国内外から参加する翻刻プロジェクトやチューターの顔合わせ、実施方法の説明を行います。

 第1Phaseの説明会に参加できなかった方も、特定のテーマを持った研究プロジェクトとして翻刻を進められる場合、事前の使用方法の説明を受けた上、本講座に参加していただけることが可能です。

いずれも、参加費無料です。奮って、ご応募ください。


続きを読む>>

京都市東山区の「弓矢町」に残る明治初期の景観をデジタル・アーカイブで「復原」した佐藤弘隆特任助教(文学部)が、京都新聞に掲載されました。

10月21日(木)、当センターの斎藤進也准教授が取り組んでいる相見明氏の遺品フィルムのデジタルアーカイブ化について、京都新聞に掲載されました。

「京都ストリート文化アーカイブ―街を彩った大衆文化の記憶とその可視化」プロジェクトの一環であり、データベース公開を目指しています。

東南アジアにおける日本-インドネシア海事ネットワーク・ウエビナーシリーズ(第四回)

東南アジアにおける日本-インドネシア海事ネットワーク・ウエビナーシリーズ(第四回)
※インドネシア語で行われます。

インドネシアP2W-LIPIと日本文化資源デジタルアーカイブ国際共同研究拠点採択課題「Digital Archiving of Indonesian Cultural Heritage and Development of 4D High-Definition Visualization Contents」共同開催

Title:Dari Makam Orang Okinawa Di Bitung Ke Komunitas Indonesia Di Oarai, Jepang.
Speaker:ITO Makoto(Emeritus Professor, Tokyo Metropolitan University)
日時: 2021年10月20日 15:00~17:00 (Indonesia time)、 17:00~19:00(JST)

ARCとインドネシア科学研究所地域研究センターが覚書を締結
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、サインはリモートで行われました

アート・リサーチセンター(以下、ARC)は、インドネシア科学研究所地域研究センター(P2W-LIPI)との間で改めて協定を結びました。(※今秋、政府機関の改変によりLIPIの名称は変更される予定)

このあらたなMOUは、2017年にLIPIと締結した覚書に基づき、4年間にわたる両機関の交流における成功と更なる友好関係を目指し、継続することを目的としたものです。
このMOUは、インドネシアのボロブドゥール寺院、リヤンガン遺跡、プンジュルハルジョ遺跡の研究及びアーカイブ・プロジェクトなど、デジタル・ヒューマニティーズの共同研究プロジェクトを実施するための枠組みとなります。
さらに、シンポジウム、セミナー、会議の共同開催や、共同プログラム/プロジェクトに関わる科学的資料や関連データの交換を支援しています。


世界遺産ボロブドゥール寺院のデジタルアーカイブ化

1_borobudur_07.jpeg ARCでは、プロジェクトリーダーである田中覚教授(情報理工学部)が中心となって、ユネスコの世界遺産に登録されているボロブドゥール寺院を最新の3次元計測技術で計測し、得られたビッグデータを用いて3次元透視可視化するアーカイブ・プロジェクトを進めています。
「この広大な遺跡の3Dスキャンを行ったのは、海外の科学者チームとしては初めてであり、ARCにとって重要な国際共同研究となりました」と田中教授は語る。

今後は、高精細4次元可視化コンテンツの開発のほか、アジアの歴史建造物をデジタル・アーカイブ化し、VR空間上にデジタルミュージアムを公開することを目的としています。

大規模文化遺産の可視化について、田中覚教授に聞く 記事はこちら

10月17日(日) アート・リサーチセンター 副センター長の赤間亮教授がデジタルアーカイブ化に協力している「松竹大谷図書館」のクラウドファンディングが東京新聞に掲載されました。

損傷の激しい所蔵資料をデジタル化し、ネットで公開することを目的としたクラウドファンディング(CF)を始めて10年目を迎えたことが紹介されています。

今のチラシやポスターにあたる、演劇界の「芝居番付」など、約6000枚にもおよぶ資料が閲覧できるようになったことや、CFサイト「READYFOR」の寄付では、半数近くがリピーターが占め、CFを通して図書館を知る若い利用者が増えたことなどが紹介されています。

yano_keiji_profile.jpgThe Art Research Center (ARC), Ritsumeikan University, is delighted to announce the release of the 'Surname Map'--a research project led by Professor Keiji Yano (College of Letters), Deputy Director of the ARC.

Project Background

Until the end of the Edo period, Japanese surnames had exclusively been granted to the emperor, nobility, and samurais. Following the Meiji Restoration and the enactment of the family registration law in the early Meiji period, farmers and other commoners also began to adopt surnames.

With more than 100,000 different surnames, Japan is not only characterized by great diversity in surnames but also regional variations in their distribution.

map1.JPG

Based on big data of about 40 million surnames from Japanese telephone directories and large-scale residential maps, the Surname Map visualizes the contemporary spatial distribution of surnames across all prefectures in Japan.

This research began in 2005 when Professor Yano, then a visiting researcher at University College London (UCL), joined Professor Paul Longley's research project on surnames around the world at the Department of Geography, UCL.

Professor Longley had mapped surnames from the UK's 1881 Census of Individual Voters and the 1998 Electoral Roll to analyze the movement of surnames over more than a hundred years.

named1.JPG

In the UK, a country with an ethnically diverse population, he measured ethnic residential segregation by inferring ethnic origins from surnames.

For the project of Professor Longley to create a world map of surnames, Professor Yano provided the Japanese surnames.

Features of the Surname Map

The interactive map provides users with valuable insights into the geographic distribution of their individual surnames in a simple and illustrative manner.

Firstly, the map displays the frequency of a surname in absolute numbers (人数) and ranking according to prefectures.

Secondly, the map shows the relative degree of accumulation, i.e., how evenly a surname is distributed throughout the country, with the specialization coefficient (特化係数).

comparemaps1.JPG

An option is available to display the absolute numbers and specialization coefficient on two maps side by side.

Furthermore, the distribution trends of two surnames can be compared side by side.

Explore Regional Variations

The map enables users to explore and identify the geographic concentration and regional clusters of surnames.

For instance, the map reveals that some surnames are particularly unique to a region, such as 'Ganaha' (我那覇) in Okinawa.

img-snap02481_m.png

In the case of Okinawa, the heavy concentration of 'Ganaha' (我那覇) has been considered a result of the relative isolation of the Ryukyu Islands that has led to minimal surname exchange with mainland Japan, whereas there are different reasons for other localities, such as government policy implications on the settlement of Hokkaido.

Current & Future Research Endeavors

Professor Yano's Surname Map builds on the growing interest in the regional analysis of surnames in Japan and other parts of the world.

As in the UK, there exists no exhaustive historical surname data for the whole country in Japan. For Kyoto, however, a database has been created as part of the Virtual Kyoto Project--another project led by Professor Yano. He is working on establishing links within this data that comprise name data from land registry maps from the end of the Meiji period (1868-1912), telephone directories, and the names of people in commerce and industry during the Taisho period (1912-1926).

Other projects include an investigation in the hometowns of the Tonden soldiers (屯田兵) and migration flows of their descendants, identifying the hometowns of Nikkei (日系人) who emigrated from Japan, as well as a study of population movements in local areas of Japan over the past fifteen years, linking them to the census data at town and village levels.

Finally, Professor Yano is pursuing the possibility of digital humanities research on surnames, including the relationship between surnames and the name of places.

<Access the Surname Map>

<Access the UK project 'Named by PublicProfiler' of University College London (UCL)>

The Surname Map has been created by Ritsumeikan University in cooperation with Acton Winds Co., Ltd.

Further reading:

1. Cheshire, James A., Paul A. Longley, Keiji Yano, and Tomoya Nakaya. "Japanese surname regions." Papers in Regional Science 93 (2014): 539-555. https://doi.org/10.1111/pirs.12002.

2. Longley, Paul. A., Alex D. Singleton, Keiji Yano, and Tomoya Nakaya. "Lost in Translation: Cross-Cultural Experiences in Teaching Geo-Genealogy." Journal of Geography in Higher Education 34, no. 1 (2010): 21-38. https://doi.org/10.1080/03098260902982476.

3. Yano, Keiji. "GIS based Japanese family name maps and their potential in Geographic Information Science." Jinmoncom (2007): 47-54. http://id.nii.ac.jp/1001/00100574/. (in Japanese with English abstract)

[イベント情報]
2021年10月13日(水)

2021年10月13日(水)18:00より、Web配信にて第92回国際ARCセミナーを開催いたします。

プログラムは下記となります。

タイトル:「60分でマスターする、デジタルアーカイブ構築と発信の権利入門」

講師:骨董通り法律事務所 代表パートナー/弁護士 福井健策先生


日時:2021年10月13日(水)18:00~19:30

参加:Zoom配信、無料(予約不要)

※ARCメンバー以外の方は Youtubeよりご参加いただけます。こちらからご覧下さい。

[イベント情報]
2021年10月 6日(水)

2021年10月6日(水)18:00より、Web配信にて第91回国際ARCセミナーを開催いたします。

プログラムは下記となります。

タイトル:「ジャパンサーチが目指すもの」

講師:国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系教授 高野明彦先生


日時:2021年10月6日(水)18:00~19:30
(前半45分は公開でのレクチャー、後半45分は若手研究者のみのディスカッションを予定しています)

参加:Zoom配信、無料(予約不要)

※ARCメンバー以外の方は Youtubeよりご参加いただけます。こちらからご覧下さい。

ジャパンサーチでは、アート・リサーチセンターのデジタル展示「日本の伝説 異界展」をもとにして作成した「日本の伝説 異界」というオンラインギャラリーを公開しています。

天狗の紹介に続き第2弾として、童話でも有名な「金太郎」、改名後の「坂田公時」を紹介するPVが公開されました。

童話でしか知られていない「金太郎」の素顔を紹介しています。
このPVには、ARC浮世絵ポータルデータベースに収録されている画像が登場しています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11