• 歴史地理情報研究班


2010年9月17日

FOSS4G2010の報告

 2010年9月4日~12日の期間にわたってバルセロナにて開催されたFOSS4G2010に参加しました。

 FOSS4Gは、 OSGeo財団(The Open Source Geospatial Foundation)の主催する国際会議で年1回開催されています。

 今回のカンファレンスは、ヨーロッパでの開催ということもあり延べ900名近い参加者があり、多岐に渡るセッションや、GIS技術に関するWorkshop、Demo、Benchmarking、さらに閉幕後にもCode Sprint (プログラミングイベント)などが行われました。

 本研究班からは、Toshikazu Seto, Ayako Matsumoto, Takafusa Iizuka and Keiji Yanoが"Visualization and Spatial Analysis with QGIS and OpenGeosuite: A Case Study of Geographic Information Collected through Citizen-participatory Surveys"と題してポスター発表を行ないました。

  Extended Abstractは、こちらよりダウンロードできます(PDF形式)。

(発表者・記録: 瀬戸寿一)

DSC01913.JPGのサムネール画像

FOSS4G2010の発表キーワード()

DSC01905.JPGのサムネール画像 

発表者近影

 なお今回の派遣は、日本学術振興会「組織的な若手研究者等海外派遣プログラム」(大航海プログラム)の助成を受けて行ないました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: FOSS4G2010の報告

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/3477

コメントする








  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集