• 歴史地理情報研究班


2008年12月15日

じんもんこん2008での発表

 当研究班メンバーらが、じんもんこん2008にて、研究成果を発表します。
詳細はこちら、または公式ページをご覧ください。

当研究班メンバーの発表は下記のセッションになります。

12月20日(土)14:40-16:20
セッション2B: 地域情報の再現と利用
2B-2 京都の祇園祭をめぐる歴史的街なみの景観モデルとその活用-新町通の過去・現在・未来の視覚化-
  瀬戸寿一,戸所泰子,矢野桂司,中谷友樹,桐村喬,近藤暁夫,十時惟友季(立命館大学)

じんもんこん2008 「サービス指向のデジタル技術へ~人文科学のポテンシャル~」
日時:2008年12月20日(土)・21日(日)
会場:筑波大学:つくばキャンパス 春日地区

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: じんもんこん2008での発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/1464

コメントする








  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集