• 歴史地理情報研究班


2008年10月23日

第17回地理情報システム学会学術研究発表大会での発表

 当研究班メンバーらが、東京大学生産技術研究所で10/23・24日に開かれる第17回地理情報システム学会学術研究発表大会にて、研究成果を発表します。詳細は地理情報システム学会の公式ページをご覧ください。

当研究班メンバーの発表は下記のセッションになります。

10月23日(木)15:10-16:50
Session 3C 都市・地域分析(都市データベース構築)
3C-1 動的な空間的マイクロシミュレーションモデルを用いた京町家更新の将来推計/花岡 和聖
3C-3 WebGISによる京都市近代化遺産モニタリングシステムの構築/桐村 喬・松岡 恵悟・矢野 桂司

10月24日(金) 14:30-16:10
Session 3G 普及・活用(行動・協働支援)
3G-1 GISを活用した第Ⅲ期京町家まちづくり調査/飯塚 隆藤・井上 学・矢野 桂司・高木 勝英・西 天平・森川 宏剛

Session 4F ポスターセッション
4F-22 API公開型の地理情報配信サービスを活用したWebGIS構築とその課題/瀬戸 寿一・桐村 喬・矢野 桂司

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第17回地理情報システム学会学術研究発表大会での発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/1338

コメントする








  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集