• 日本文化研究班


1

2011年5月31日

フリーア美術館で日本古典籍デジタルアーカイブワークショップを開催

米国ワシントンの スミソニアン協会、フリア美術館で、日本の古典籍に関するデジタルアーカイブワークショップを開催し、赤間 が講師を務めました。
今後メンバーは、三ヵ月に亙りプルヴェラーコレクションの日本古典籍のデジタル撮影を行います。

本プロジェクトは、ゲティファンデーションの「学術目録イニシアチブ」との共同プロジェクトです。
 

2011年5月21日

第90回人文科学とコンピュータ研究発表会での発表

同志社大学室町キャンパスで開催された、第90回人文科学とコンピュータ研究発表会で発表しました。

発表タイトル: 「日本工芸データベース―在外コレクション所蔵作品を中心とする画像データベース構築について」
発表者 : ビンチク・モニカ、前崎信也

 PD前崎

2011年5月20日

国際シンポジウム「Shunga - erotic art in a comparative context」

2011年5月20、21日にロンドン大学SOASで国際シンポジウム「Shunga-erotic art in a comparative context」が開催されます。

春画プロジェクト(ロンドン大学SOAS、大英博物館、立命館大学、国際日本文化研究センター共同プロジェクト)が定期的に開催しているシンポジウムの第5回目となります。

シンポジウムでは日本文化研究班PD石上阿希が発表します。

シンポジウムのプログラムが決まり次第、情報を追加します。 

2011年5月14日

2011年京都近世小説研究会5月例会

2011年京都近世小説研究会5月例会において、 日本文化班メンバーによる
研究発表が行われました。

「板本に表れる板木の構成-紙質・匡郭-」
発表者:金子貴昭
日時:2011年5月14日(土)15:00~
於:同志社女子大学今出川校地 栄光館E104号室

2011年5月14日

2011年度第1回JADS関西地区部会研究会(通算108回目)

日本文化班メンバーによる次の研究会が開催されます。

「 台湾eラーニング・デジタルアーカイブプログラム(TELDAP)について」

発表者:ビンチク・モニカ、前崎信也

日時:2011年5月14日(土) 15:00~17:00 
場所:立命館大学アート・リサーチセンター多目的ルーム(予定)
参加費:無料 会員外の方も自由に参加できます。

※17:30から懇親会を予定しています。会費3000円程度。

続きを読む>>

2011年5月 6日

「近世艶本総合データベース」の更新

 「近世艶本総合データベース」を更新しました(PD石上)。

新たに浦上満コレクション、Michael Fornitzコレクション、ボストン美術館(MFA)の情報を追加しました。
現在、2738件の作品情報を検索出来ます。
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/ehon/
 

1




  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集