• オンライン展示版
    「春画を見る・艶本を読む」展

温泉場で-
 ∟15 『泉湯新話』

15-haybke2-0001-01_05

歌川国貞画 『泉湯新話(せんとうしんわ)』
色摺半紙本三冊 文政10年(1827)頃
立命館大学ARC林美一コレクション蔵(hayBKE2-0001)

 


庶民が旅を楽しむようになったのは、江戸時代中頃―享保期(1716~736)辺りと言われている。江戸日本橋を起点とした五街道の整備が進み、宿場も充実したことで快適に旅行することが可能となった。本図は箱根湯元にある宿屋の二階。江戸からの遊山を楽しむ芸者とその馴染み客のようである。明るい昼から開放的な場所で二人は艶本をながめている。男は、「逗留しているのも又気が変わって悪くねへぜ」と言いながら女の裾へ手を伸ばしている。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 温泉場で-
 ∟15 『泉湯新話』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/6360



  • ブログ内検索


secondlifebanner.png

arcbanner.png