ARCの紹介
  1. ホーム
  2. 活動報告
  3. 京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究
京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究

 [書込]

1  2  3  4  5  6  7

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年8月21日(金)

糸・布・衣の循環史研究会(代表者:杉浦未樹(法政大学教授)(「18 ~20世紀の糸・布・衣の廉価化をめぐる世界史」(科研基盤研究B)による)との研究交流を行いました。

*アーカイブ化に向けた大同マルタ関係資料研究会
日時:2015年8月4日14:00~17:00
場所:京都工芸繊維大学3号館
参加者:青木(京都女子大学)、上田(京都工芸繊維大学 美術工芸資料館)、鈴木・山本(立命館大学)

大同マルタ染工株式会社で長年技術士として機械捺染の技術指導を行ってこられた大同マルタ会役員・吉岡悠氏を講師として招聘。京都工芸繊維大学に寄託された大同マルタ染工資料を閲覧しながら、製品・プリント見本品の特徴や、1960~70年代のアフリカ輸出の状況についてお話をうかがいました。参加者は以下の通りです。

(順不同・敬称略)
井上直子、杉浦未樹、角田奈歩、高須奈津子
Giorgio Riello、Renate Pieper、Beverly Lemire、Jeremy Prestholdt、Salvatore Ciriacono、Ellan Spero、小林和夫、Kate Frederick

DSCN6820.JPG

20150804(集合写真).JPG

*立命館大学アート・リサーチセンター&資料見学会
日時:2015年8月5日10:00~12:00
場所:立命館大学アート・リサーチセンター
参加者:鈴木・山本(立命館大学)

立命館大学アート・リサーチセンターの活動や、センター所蔵の近代染織に関する資料の閲覧、センターの見学を行いました。また、相互のプロジェクトの情報交換や、共有しうる論点についての議論を行いました。

参加者は以下の通りです。
(順不同・敬称略)
井上直子、杉浦未樹、角田奈歩、
Michael North、Jeremy Prestholdt、Ellan Spero、他一名。

20150805_02a.jpg

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年7月 2日(木)

日時:2015年6月29日(月)10:00~12:00
場所:京都工芸繊維大学
参加者:青木(京都女子大学)、上田(京都工芸繊維大学 美術工芸資料館)、鈴木、山本(立命
館大学)
内容:寝具生地のデザインを中心に活躍した昭和期の図案家蛭川桂秀氏の所蔵であった布見本資
料を見ながら、昭和30~40年代の寝具生地のデザインや生産・流通状況についてお話をうかがった。

調査にご協力いただきました和田哲株式会社夏目一郎様、守田宣昭様にお礼申し上げ
ます。

20150629wadatetsu_01.jpg    20150629wadatetsu_02.jpg

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年6月 8日(月)

日時:2015年6月8日(月)
14:00~15:00
場所:京都友禅協同組合
参加者:青木(京都女子大学)、鈴木、山本(立命館大学)
内容:同組合関係者に友禅業界の組合組織について説明していただくとともに、
図案資料掘り起しについて
アドバイスをいただいた。

調査にご協力いただきました京都友禅協同組合・常務理事小畑剛様、課長冨士原洋之様、お忙しいところ、ご対応ありがとうございました。

DSC02754.JPG

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年6月 1日(月)

ミーティングを開催しました。

日時:2015年6月1日(月)
場所:京都女子大学 青木研究室
参加者:青木(京都女子大学)、上田(京都工芸繊維大)、鈴木、山本、加茂(立命館大学)

(1)今後の調査日程
(2)調査内容
(3)資料のデータベース化について

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年5月11日(月)

ミーティングを開催しました。

日時:2015年5月11日(月)
場所:京都女子大学 青木研究室
参加者:青木(京都女子大学)、上田(京都工芸繊維大)、鈴木、山本、加茂(立命館大学)

(1)染織従業者等への聞き取り調査と聞き取り記録のデジタル・アーカイブ
(2)公開イベントの開催
(3)染織日出新聞のデータベース化
(4)研究計画と必要経費

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年2月 3日(火)

ミーティングを開催しました。

日時:2015年2月3日(火)
場所:ARC 会議室
参加者:青木(京都女子大)、並木、上田(京都工芸繊維大学)、鈴木、山本、加茂(立命館大学)

(1)来年度の研究計画について
(2)今後の研究成果発信方法について
(3)墨流し染の動画上映・確認

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2014年12月 4日(木)

昭和初期から京都市内において型紙の販売をおこない、写真型を生産していた株式会社キョーテック、
ならびに株式会社キョーエースへ聞き取り調査にうかがいました。
また、現在も操業中の株式会社キョーエースの工場を見学させていただき
染色用の型が生産される様子を間近に見ることができました。

場所:京都市南区 株式会社キョーテック・株式会社キョーエース
日時:2014年12月4日
参加者:青木、鈴木、山本、加茂
内容
《静止画による記録》
・工場内部
・座談会
《動画による記録》
・工場内部
《音声による記録》
・座談会

限られた時間でしたが、よりよい型を生産するために技術を高め、それを強みとして事業を続けてこられた様子をうかがうことができました。

また、昭和40年代から現在にいたるまでの京都における染織産業の推移を当時の様子とともに語っていただくことで、理解が深まりました。

調査にご協力いただきました株式会社キョーテック、株式会社キョーエースのみなさまに御礼申し上げます。
IMG_6807.JPG R0018777.JPG IMG_6857.JPG

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2014年11月 4日(火)

墨流し染の流れを汲む「マドレー染」をおこなっていた日比野家が所蔵する資料の撮影と聞き取り調査をおこないました。
場所:京都市中京区 株式会社マドレー
日時:2014年11月4日
参加者:青木、鈴木、山本、加茂
内容
《静止画による記録》
・染見本 
・マドレー染のインテリア雑貨(照明) 
・服飾雑貨(鞄、スカーフ、風呂敷、ハンカチ) 
・マドレー染の着物

着物だけではなく、スカーフや風呂敷など服飾雑貨へもマドレー染が使用されていました。
また、数多くの染見本を見せていただき、実験をしながら新たなデザインを生みだそうとしていた様子がうかがえました。
調査にご協力いただきました日比野淳平様、井上拓馬様に御礼申し上げます。

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2014年11月 4日(火)

ミーティングを開催しました。

日時:2014年11月4日(火)
場所:京都女子大学 青木研究室
参加者:青木(京都女子大学)、鈴木、山本、加茂(立命館大学)

(1)調査データの整理
(2)拠点の環境について
(3)聞き取り調査の計画・予定
(4)予算配分について

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2014年10月14日(火)

独自の墨流し染を開発した薗部染工への聞き取り調査と資料撮影をおこないました。

場所:京都市右京区 薗部染工
日時:2014年10月14日
参加者:青木、山本、加茂


内容:
《動画による記録》
・墨流しの作業
・防染シートを利用した染分け
・墨流し染の技法を利用したスカーフの染色

《静止画による記録》
・染見本の撮影 

《音声、静止画による記録》
・染見本をもとにした染色技法に関する聞き取り調査

布地が一瞬にして染色される様子や染色に至るまでの職人さんの繊細な技術を記録することができました。
また、新たなデザインを創案するまで試行錯誤していた様子を所蔵される染見本からも垣間見ることができました。

ご協力いただきました薗部染工の関係者の方々に御礼申し上げます。

薗部染工写真3.JPG 薗部染工写真5.JPG

1  2  3  4  5  6  7