ARCの紹介
  1. ホーム
  2. 活動報告
  3. 京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究
京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究

 [書込]

1  2  3  4  5  6  7

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年11月16日(月)

日時:2015年11月7日(土)14:00~17:00
場所:徳岡工業株式会社
参加者:青木(京都女子大学)、上田(京都工芸繊維大学 美術工芸資料館)、鈴木・山本・加茂(立命館大学)

内容:

前身である、合資会社徳岡彫刻所の捺染ロール彫刻業や創業者徳岡善九郎氏について、お話をうかがいました。また、現在のグラビア彫刻のお仕事のお話をうかがい、工場を見学させていただきました。

代表取締役相談役徳岡和善様、代表取締役社長徳岡浩喜様、お忙しいところ、長時間お話いただきありがとうございました。

20151107tokuoka.jpg  20151107tokuoka_.jpg

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年10月13日(火)

日時:2015年10月6日(火)13:30~17:00
場所:株式会社小糸染芸
参加者:青木(京都女子大学)、鈴木・山本(立命館大学)、京都女子大学学生2名、立命館大学院生1名

内容:
型友禅のお仕事や現状について、お話をうかがいました。また、絵具場や板場など、工房を見学させていただきました。
代表取締役社長 小糸太郎様、お忙しいところ、長時間お話いただきありがとうございました。

20151006.JPG

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年8月28日(金)

ARC Week 2015に参加しました。

*研究課題『デジタル・アーカイブ手法を用いた近代染織資料の整理と活用』ワークショップ
日時:2015年7月28日・29日
場所:立命館大学アート・リサーチセンター
参加者:青木(京都女子大学)、鈴木・山本(立命館大学)

文部科学省 共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」のARC Week 2015に参加しました。

[第1部]祇園祭デジタルミュージアム展2015(7月22日(水)~24日(金)・京都文化博物館 別館ホール)では、ポスターセッションに参加。これまでの活動について報告しました。また、2014年度に調査した薗部染工の「墨流し染」についてまとめた動画『墨流し染』を上映しました。

[第3部]WORKSHOP期間には、「研究課題『デジタル・アーカイブ手法を用いた近代染織資料の整理と活用』ワークショップ」を開催いたしました。
初日の午前中は共同研究拠点と研究課題『デジタル・アーカイブ手法を用いた近代染織資料の整理と活用』プロジェクトの紹介。初日午後から2日目にかけて、アート・リサーチセンター所蔵の資料調査を行いました。

20150728.JPG

資料調査にあたっては、共立女子大学・教授 長崎巌先生を講師として招聘。共立女子大学家政学部染織文化研究室の院生3名に調査に御協力いただきました。そのほか、プロジェクトからは青木(京都女子大学)、鈴木・山本(立命館大学)が、立命館大学からは研究員髙須・院生2名が参加しました。

20150729_01.JPG

ワークショップにご参加いただいた皆様、調査に御協力いただきました皆様、まことにありがとうございました。

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年8月27日(木)

日時:2015年8月25日(火) 14:00~16:00
場所:三好染工株式会社
参加者:青木(京都女子大学)、鈴木(立命館大学)

内容:江戸時代末期に創業の老舗で、現在は型と手加工の様々な技法を併用・駆使した染加工をおこなっていらっしゃる三好染工さんに伺い、京都友禅の多様性について技術的なことから地域性に関することまで、多岐にわたりご教示いただきました。
代表取締役社長 三好拓夫様、お忙しいところ、長時間のお話、ありがとうございました。


20150825三好染工訪問.jpg

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年8月21日(金)

糸・布・衣の循環史研究会(代表者:杉浦未樹(法政大学教授)(「18 ~20世紀の糸・布・衣の廉価化をめぐる世界史」(科研基盤研究B)による)との研究交流を行いました。

*アーカイブ化に向けた大同マルタ関係資料研究会
日時:2015年8月4日14:00~17:00
場所:京都工芸繊維大学3号館
参加者:青木(京都女子大学)、上田(京都工芸繊維大学 美術工芸資料館)、鈴木・山本(立命館大学)

大同マルタ染工株式会社で長年技術士として機械捺染の技術指導を行ってこられた大同マルタ会役員・吉岡悠氏を講師として招聘。京都工芸繊維大学に寄託された大同マルタ染工資料を閲覧しながら、製品・プリント見本品の特徴や、1960~70年代のアフリカ輸出の状況についてお話をうかがいました。参加者は以下の通りです。

(順不同・敬称略)
井上直子、杉浦未樹、角田奈歩、高須奈津子
Giorgio Riello、Renate Pieper、Beverly Lemire、Jeremy Prestholdt、Salvatore Ciriacono、Ellan Spero、小林和夫、Kate Frederick

DSCN6820.JPG

20150804(集合写真).JPG

*立命館大学アート・リサーチセンター&資料見学会
日時:2015年8月5日10:00~12:00
場所:立命館大学アート・リサーチセンター
参加者:鈴木・山本(立命館大学)

立命館大学アート・リサーチセンターの活動や、センター所蔵の近代染織に関する資料の閲覧、センターの見学を行いました。また、相互のプロジェクトの情報交換や、共有しうる論点についての議論を行いました。

参加者は以下の通りです。
(順不同・敬称略)
井上直子、杉浦未樹、角田奈歩、
Michael North、Jeremy Prestholdt、Ellan Spero、他一名。

20150805_02a.jpg

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年7月 2日(木)

日時:2015年6月29日(月)10:00~12:00
場所:京都工芸繊維大学
参加者:青木(京都女子大学)、上田(京都工芸繊維大学 美術工芸資料館)、鈴木、山本(立命
館大学)
内容:寝具生地のデザインを中心に活躍した昭和期の図案家蛭川桂秀氏の所蔵であった布見本資
料を見ながら、昭和30~40年代の寝具生地のデザインや生産・流通状況についてお話をうかがった。

調査にご協力いただきました和田哲株式会社夏目一郎様、守田宣昭様にお礼申し上げ
ます。

20150629wadatetsu_01.jpg    20150629wadatetsu_02.jpg

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年6月 8日(月)

日時:2015年6月8日(月)
14:00~15:00
場所:京都友禅協同組合
参加者:青木(京都女子大学)、鈴木、山本(立命館大学)
内容:同組合関係者に友禅業界の組合組織について説明していただくとともに、
図案資料掘り起しについて
アドバイスをいただいた。

調査にご協力いただきました京都友禅協同組合・常務理事小畑剛様、課長冨士原洋之様、お忙しいところ、ご対応ありがとうございました。

DSC02754.JPG

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年6月 1日(月)

ミーティングを開催しました。

日時:2015年6月1日(月)
場所:京都女子大学 青木研究室
参加者:青木(京都女子大学)、上田(京都工芸繊維大)、鈴木、山本、加茂(立命館大学)

(1)今後の調査日程
(2)調査内容
(3)資料のデータベース化について

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年5月11日(月)

ミーティングを開催しました。

日時:2015年5月11日(月)
場所:京都女子大学 青木研究室
参加者:青木(京都女子大学)、上田(京都工芸繊維大)、鈴木、山本、加茂(立命館大学)

(1)染織従業者等への聞き取り調査と聞き取り記録のデジタル・アーカイブ
(2)公開イベントの開催
(3)染織日出新聞のデータベース化
(4)研究計画と必要経費

[京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究]
2015年2月 3日(火)

ミーティングを開催しました。

日時:2015年2月3日(火)
場所:ARC 会議室
参加者:青木(京都女子大)、並木、上田(京都工芸繊維大学)、鈴木、山本、加茂(立命館大学)

(1)来年度の研究計画について
(2)今後の研究成果発信方法について
(3)墨流し染の動画上映・確認

1  2  3  4  5  6  7