ARCの紹介
  1. HOME
  2. 活動報告
  3. イベント情報
  4. イベント情報

イベント情報

 [書込]

1  2  3  4  5  6  7  8  9

20171021_Symposium_A4.jpg

国際シンポジウム
Textile Pattern Designs in the Global Entanglement:
Katagami, Batik, Sarasa and 'African Prints' on the Move, 1800-2000

染色デザインの世界的連環:型紙、バティック、更紗、「アフリカン・プリント」を中心に

October 21, Saturday, 9:30-18:30
October 22, Sunday, 9:30-12:00

Venue: Art Research Center, Ritsumeikan University

参加費無料、事前申し込み不要

【主催】立命館大学アート・リサーチセンター文部科学省 共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」研究課題 「京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究」、
「糸・布・衣循環史研究会」(科研費補助金基盤B研究課題「糸・布・衣の廉価化の世界史」)

続きを読む>>

IIIF Japan 京都ラウンドテーブル

デジタル化した文化資源をWEB公開するための世界標準規格 IIIF
ーその可能性と将来像ー

日時:2017年10月19日(木)13:15〜17:00
場所:立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
参加費:無料
使用言語:英語

(通訳はありませんが、会場内でサポートします)

■参加登録:
 参加を希望される方は、10/16(月)までに【参加申込フォーム】より参加登録をお願いします。
                        ↑ここをクリック

 東京ラウンドテーブルと東京・京都での連続シンポジウムを承けて、京都ラウンドテーブルを立命館大学アート・リサーチセンターで開催します。
 IIIFの中核メンバー6名を迎え、IIIFの基本機能の説明の上に、今後の展開・可能性を提案していただきます。
 また、海外の博物館や美術館を中心に文化資源のデジタルアーカイブを進めきたアート・リサーチセンターの情報発信の現状を紹介し、IIIFメンバーと情報を共有することで、これを具体的な素材とすることで、現在のデジタル情報発信の問題点や現状、拡大する可能性や将来像をディスカッションします。
スマホ・タブレットで表示する。
IIIF Japan 全体の内容を表示する。

■IIIF本部からの参加予定者:
 Michael A Keller(IIIF Founder, Stanford大学図書館長)
 Tom Cramer(Chief Strategic Technologist, Stanford大学)
 Michael Appleby(Yale Center for British Art)
 Jack Reed(Geospatial Web Engineer, Stanford大学)
 Sheila Rabun(IIIF Community and Communications Officer)
 Regan Murphy Kao(Japanese Studies Librarian, Stanford大学)

※なお、参加希望者が定員を超えた場合、参加をお断りする可能性があります。

※全体のレセプションは予定していません。


■参加登録:
 参加を希望される方は、10/16(月)までに【参加申込フォーム】より参加登録をお願いします。
                        ↑ここをクリック


■問合せ先
 立命館大学アート・リサーチセンター 事務室
 Tel. 075-466-3411 Fax. 075-466-3415
 http://www.arc.ritsumei.ac.jp


続きを読む>>

第43回 [特別編] 国際ARCセミナーを開催いたします。

"To Find the Child Reader in Early Modern Japan: a Search through Old Books"

講師: Kristin Williams (ケンブリッジ大学付属図書館日本部主任)

2017年10月11日(水) 18:00-19:30
【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム
参加無料(予約不要)

[主催] 立命館大学アート・リサーチセンター

続きを読む>>

2017年8月 4日(金)

ARC_Days_2017_A4.jpg

2016年8月4日(金) 13:30~17:05
5日(土) 10:00~17:30
立命館大学 衣笠キャンパス アート・リサーチセンター 多目的ルーム
入場料・参加費/無料

主催:立命館大学アート・リサーチセンター、文部科学省 共同利用・共同研究拠点ー「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」

続きを読む>>

ARCが協力する展覧会が開催されます。

ARC Days 2017

2016年7月28日(金)~30日(日)
10:00~18:00(最終日は17:00時まで)

京都文化博物館6階
 TEL 075-222-1661(会期中のみ)
 京都市中京区三条高倉上ル※地下鉄「烏丸御池」駅下車、徒歩3分

入場料無料

主催:(公財)片山家能楽・京舞保存財団
後援:京都文化博物館・NHK京都放送局・京都新聞
協力:立命館大学アート・リサーチセンター

続きを読む>>

2017年7月19日(水)

第42回 ARCセミナー を開催いたします。

1. 「Yousan-e: The Aesthetics of Silk Production in Mid-Nineteenth Century Woodblock Print
 養蚕絵-天保改革後の錦絵における蚕業の美化」


講師: Tothill Vanessa(立命館大学 日本デジタル・ヒューマニティーズ拠点 博士課程後期課程・D5)

2. 「明治期文芸書の木版口絵」

講師: 常木 佳奈(立命館大学 文学研究科 文化情報学専修・D2)

2017年7月19日(水) 18:00-19:30
【衣笠キャンパス】 立命館大学アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム
参加無料・予約不要

[主催] 立命館大学アート・リサーチセンター
続きを読む>>

2017年6月21日(水)

第41回 ARCセミナー を開催いたします。

1. 「A. B.ミットフォードの"The Forty-seven Ronins"の執筆手法と同時代的反響に関する考察 -実父への手紙と新刊書評の調査から-」

講師: 川内 有子(立命館大学 文学研究科 文化情報学専修・D4)

2. 「現代都市における祭礼の運営基盤 -京都祇園祭の山鉾行事を事例に

講師: 佐藤 弘隆(立命館大学 文学研究科 文化情報学専修・D3)
※佐藤氏の発表は、当日USTREAMでの配信はいたしません。何卒ご了承下さい。

2017年6月21日(水) 18:00-19:30
【衣笠キャンパス】 立命館大学アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム
参加無料・予約不要

[主催] 立命館大学アート・リサーチセンター
続きを読む>>

国際シンポジウム
Popularizing Fabrics and Clothing:
Kyoto Yuzen Industry in Broader Context 1600-1970

(布と衣のポピュラライゼーション:京都友禅を国際的文脈の中に位置づける)

2017年6月3日(土) 10:00~18:00
立命館大学衣笠キャンパス アート・リサーチセンター
参加費無料、事前申し込み不要

問い合わせ先:info■lccg.tokyo (※■を@に変えて下さい)

【主催】「糸・布・衣循環史研究会」(科研費補助金基盤B研究課題「糸・布・衣の廉価化の世界史」)
立命館大学アート・リサーチセンター文部科学省 共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」研究課題 「デジタル・アーカイブ手法を用いた近代染織資料の整理と活用」
政治経済学・経済史学会「糸・布・衣の循環史」フォーラム

続きを読む>>

2017年5月24日(水)

第40回 ARCセミナー を開催いたします。

「ロックハート自筆目録とUK Union Catalogue of Chinese Books」

講師: 李 増先(衣笠総合研究機構・ポストドクトラルフェロー)

2017年5月24日(水) 18:00-18:45
【衣笠キャンパス】 立命館大学アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム
参加無料・予約不要

[主催] 立命館大学アート・リサーチセンター

※セミナー終了後に、意見交換会の開催を予定しております。

続きを読む>>

第39回 [特別編] 国際ARCセミナーを開催いたします。

"A Natsume Soseki GIS Story Map"

講師: Sarah Frederick (ボストン大学・准教授)

2017年4月17日(月) 18:00-19:30
【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム
参加無料(予約不要)

[主催] 立命館大学アート・リサーチセンター

続きを読む>>

1  2  3  4  5  6  7  8  9