研究活動
  1. HOME
  2. 研究活動

研究活動

立命館大学アート・リサーチセンター(ARC)では、文部科学省グローバルCOEプログラムの採択を受けた「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」(立命館大学)に関連する研究事業を中心に、若手研究者の育成・支援、芸術・文化の普及と教育などの取り組みを行っております。

日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点
文部科学省「共同利用・共同研究拠点」制度は、大学の研究所が有する学術資料・データ・施設等を、個々の大学の枠を超えて全国の研究者が共同で利用し、共同で研究を行う体制を整備することで、学術研究の基盤強化と新たな学術研究の進展を図ることを目的としています。
様々な取組を通じ、他大学・他研究機関の研究者との共同研究や国内外有力研究機関との連携、若手研究者の育成や研究成果の効果的な発信・社会還元を行い、デジタル・ヒューマニティーズ分野の“世界水準の研究拠点形成”を目指します。
日本文化資源のグローバルアクション
 本研究では、立命館大学アート・リサーチセンターが文理融合型・デジタル型で蓄積してきたデジタル研究資源を活用して、どのように社会に貢献し、新しい文化活動の循環を作っていくかを実践的に研究し、文化研究による社会貢献の実例を具体的に提案していく。
「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」プロジェクト
本拠点は世界の最先端の研究動向を踏まえ、グローバルな視点を持ち、海外での研究活動のできる日本文化研究者の育成を目指します。