• オンライン展示版
    「春画を見る・艶本を読む」展

イントロダクション「春画のいろいろ」

江戸時代に入り、出版文化が花開くと春画・艶本も大いに隆盛します。当時の浮世絵師で春画の筆を執らなかった者はほとんどいませんでした。また、文人や好事家たちが作った春画もあります。様々な人々が、実に多様な趣向を尽くし春画・艶本を制作していました。ここでは、江戸時代中期から明治初期にかけて作られた様々な春画を紹介します。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: イントロダクション「春画のいろいろ」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/6341



  • ブログ内検索


secondlifebanner.png

arcbanner.png