• オンライン展示版
    「春画を見る・艶本を読む」展

明治期の春画
 ∟22 「看護婦と軍人」

22-ebi1149_06

絵師未詳 「看護婦と軍人」
四つ切判錦絵 明治中期以降
個人コレクション(Ebi1149_06)
 


日清・日露戦争の時代には、軍人が描かれた春画が数多く制作された。一説によれば、戦場に春画を持参すると負けることがないという江戸以来の俗説が残っていたためといわれる。日露戦争の時には、軍の資金によって組織的に春画が作られていたという話も残っているほどである。当時の新聞にも出征軍人に渡すための春画を売買していた者が取締を受けたという記事が見られる。
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 明治期の春画
 ∟22 「看護婦と軍人」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/6371



  • ブログ内検索


secondlifebanner.png

arcbanner.png