芸の真髄シリーズ第1回

「文楽太棹 鶴澤清治」
日時18時30開演
場所国立劇場大劇場
料金料金:1等A席8500円・1等B席6500円・2等席4500円・3等席3000円
1月14日発売開始

<内容>
●素浄瑠璃「壇浦兜軍記」
〈阿古屋琴責の段〉
竹本住大夫 竹本綱大夫 鶴澤清治 鶴澤錦糸 鶴澤清二郎
●創作浄瑠璃「弥七の死」
原作・山川静夫
構成・作曲 鶴澤清治 豊竹咲大夫 鶴澤清治
●文楽ごのみ「三番叟・酒屋・野崎村」
構成・編曲 鶴澤清治 豊竹嶋大夫 鶴澤清治 富助、清友、清介、燕三、宗助、清二郎、喜一朗、清志郎、清馗、清丈、吉田簔助(人形が登場するのは酒屋のさわりだけ)

芸術院賞、紫綬褒章を受賞した鶴澤清治の至芸を国立劇場大劇場で聴ける。竹本住大夫、竹本綱大夫、吉田簔助など素晴らしいメンバーが勢ぞろいした。太棹究極の難曲と言われている「阿古屋琴責」を、住大夫、綱大夫が語る。必聴のライブ。
主催NHKエンタープライズ。
電話予約はなく、国立劇場チケット売場の窓口販売のみ。
詳細は⇒ http://www.nhk-ep.co.jp/geinoshinzui/index.html
コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_field/mt-tb.cgi/3814

コメントする

文楽の上演される劇場

リンク