Report
  1. HOME
  2. Report
  3. Events
  4. シンポジウム

シンポジウム

 [書込]

1 2 3

ARCが協力するイベントが開催されます。

20200926_WEEK2020.jpg

会期:2020年9月26日(土)-10月4日(日)

主催:京都歴史文化施設クラスター実行委員会、京の三条まちづくり協議会、京都府京都文化博物館
協力:NPO京都景観フォーラム、(一社)京都府建築士会まちづくり委員会、立命館大学アート・リサーチセンター、ROIS-DS 人文学オープンデータ共同利用センター

Read more>>

title.jpgThe Annual Conference of the Japan Art Documentation Society (JADS), hosted by the Japan Art Documentation Society (JADS) in cooperation with the MEXT International Joint Usage / Research Center International Joint Digital Archiving Center for Japanese Art and Culture (ARC-iJAC), Art Research Center, Ritsumeikan University, took place on June 27 (Sat) and 28 (Sun), 2020.

To prevent the spread of the coronavirus, the event was held online for the first time this year and more than 130 members and non-members of the JADS participated.

As part of this year's annual conference, a symposium on 「芸術文化資源デジタル・アーカイブの国際的共同利用 -- オンライン環境での知的生産システムとそのツール」 (The International Joint Usage of Digital Archives for Arts and Cultural Resources -- Intelligent Production Systems and their Tools in an Online Environment) was held.

hosoi_sensei.jpgThe symposium began with a welcome speech by Prof. Koichi Hosoi, Director of the Art Research Center (ARC), who introduced the international research activities of the ARC-iJAC in the field of digital humanities.

Following his opening remarks, three presenters proposed activities and tools for the next generation of digital research environments in light of the role of digital archives until now which only had a focus on reference information. In this context, they discussed ways and future directions to construct an online knowledge cycle for arts and cultural resources.

Among these three speakers, Mitsuhiro Tsuda, a researcher at the Art Research Center, publicly presented the concept and utilization of the ARC Research Space and ARC Database for the first time and explained their role in effectively building relationships between digital resources and intellectual activities.

akama_sensei.jpgIn supporting the activities of the Japan Art Documentation Society (JADS), the ARC-iJAC aims to contribute to the establishment of such an online knowledge cycle which may enable researchers, curators and librarians not only to "browse" information, but also archive the "relationships" between these resources and produce new knowledge by "editing" and "re-archiving" them in the future.

The MEXT International Joint Usage / Research Center「International Joint Digital Archiving Center for Japanese Art and Culture (ARC-iJAC) 」, Art Research Center, Ritsumeikan University, will be co-hosting the 2020 Annual Conference of the Japan Art Documentation Society (JADS) on June 27 (Sat) and June 28 (Sun), 2020.

On the first day, a symposium with the topic 「芸術文化資源デジタル・アーカイブの国際的共同利用 -- オンライン環境での知的生産システムとそのツール (International Joint Usage of Digital Archives for Arts and Cultural Resources -- Intelligent Production Systems and their Tools in an Online Environment)」 will be held where ARC members will be giving lectures and presenting the "ARC Research Space", amongst others.

For a detailed program, please click here (in Japanese).

■ Date:

June 27 (Sat) and June 28 (Sun), 2020

June 27, 13:00 - 17:00 (Reception from 12:00)

June 28, 13:30 - 16:05 (Reception for Research Presentation from 12:30)

■ Participation Method:

This event will be held online.

Details on how to participate will be announced later.

■ Fees for Participation & Materials:

Free of charge for JADS members and non-members (both days).

*A PFD version of the manuscript will be distributed online in advance.

■ Registration:

Please register to participate in the event via this application form (https://forms.gle/uDVHoecvArnV3BpJ7).

*Limited capacity of 200 people; registration deadline is June 22nd, 2020.

For inquiries, please contact: The Organizing Committee for the 2020 Annual Conference of the Japan Art Documentation Society

jads_conf2020■googlegroups.com (please replace "■" with "@")

[イベント情報]
December 14, 2019(Sat)

アート・リサーチセンターが共催するイベント、人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん2019)が開催されます。
今年度のテーマは「デジタルアーカイブの新たな挑戦ー人文・芸術・文化資源の活用と創生ー」です。
ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

人文科学とコンピューターシンポジウム
デジタルアーカイブの新たな挑戦 - 人文・芸術・文化資源の活用と創生

2019年12月14日(土)・15日(日)
立命館大学 大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)
主催: 情報処理学会 (IPSJ) 人文科学とコンピュータ研究会 (SIG-CH)
共催: 立命館大学アート・リサーチセンター、日本学術会議 総合工学委員会 科学的知見の創出に資する可視化分科会
後援: アート・ドキュメンテーション学会、情報メディア学会、人文系データベース協議会、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、電子情報通信学会、日本アーカイブズ学会、日本計算機統計学会、日本行動計量学会、日本統計学会、日本図書館情報学会、日本デジタル・ヒューマニティーズ学会、デジタルアーカイブ学会、記録管理学会、情報知識学会

詳細はこちら→じんもんこん2019


連携開催
公開シンポジウム
「科学的知見の創出に関する可視化(3):新しい文理融合研究を創出する可視化」

2019年12月15日(日)13:00-16:00
立命館大学 大阪いばらきキャンパス フューチャープラザ/B棟 カンファレンスホール
入場無料、事前申し込み不要
主催: 日本学術会議 総合工学委員会 科学的知見の創出に資する可視化分科会
Read more>>

[イベント情報]
November 10, 2019(Sun)

2019 IAPWシンポジウム
Preservation and Promotion of Printing Woodblocks in the Digital Era

日時: 2019年11月10日(日) 10:30~12:05(10:00開場)
会場: 立命館大学平井嘉一郎記念図書館カンファレンスルーム

事前申し込み不要/参加費無料

※椅子席には限りがございます(一般席は30名程度)。混雑の場合はご容赦ください。

[共催]

International Association for Printing Woodblocks(IAPW)
立命館大学アート・リサーチセンター文部科学省 国際共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点」
立命館大学 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(日本文化資源のグローバルアクション)
立命館大学アジア・日本研究推進プログラム「『アジア芸術学』の創成」
人間文化研究機構広領域連携型基幹研究プロジェクト「アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開」(「アジアの中の日本古典籍:医学・理学・農学書を中心として」ユニット)
韓国国学振興院
※なお、講演の一部は科研費19K00308により実施されます。

[問い合わせ]
立命館大学 研究部 衣笠リサーチオフィス内 アート・リサーチセンター事務局
担当:中村、河崎
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
TEL: 075-465-8476(9:00~17:30) e-mail: arc-jimu■arc.ritsumei.ac.jp(■を@に変更して下さい)
Read more>>

2019 IAPW Symposium
Preservation and Promotion of Printing Woodblocks in the Digital Era

Date / 9(Sat) - 11(Mon) November 2019
Venue / Hirai Kaichiro Memorial Library, Ritsumeikan University

Co-hosted by
・International Association for Printing Woodblocks (IAPW)
・International Joint Digital Archiving Center for Japanese Art and Culture - Art Research Center, Ritsumeikan University (International Joint Usage / Research Center)
・Global Action for Japanese Cultural Resources, Ritsumeikan University (MEXT-Supported Program for the Strategic Research Foundation at Private Universities)
・「アジア芸術学の創成」(Program for Asia-Japan Research Development, Ritsumeikan University)
・Historical Japanese Books in Asia - Medicine, Science and Agronomy (The National Institutes for the Humanities project New Development in Ecohealth Research in Asia)
・The Korean Studies Institute (한국국학진흥)
Supported by JSPS KAKENHI 19K00308

Read more>>

ARCが協力するイベントが開催されます。

20190928_WEEK2019.jpg

会期:2019年9月28日(土)-10月6日(日)
※展覧会は8月31日(土)-10月27日(日)

主催:京都歴史文化施設クラスター実行委員会、京の三条まちづくり協議会、NPO法人京都景観フォーラム
協力:立命館大学アート・リサーチセンター、国立情報学研究所、(一社)京都府建築士会まちづくり委員会

Read more>>

[イベント情報]
August 3, 2018(Fri)

ARC_Days_2018_A4_01.jpg

2018年8月3日(金) 14:00~16:40
4日(土) 10:00~17:40
立命館大学 衣笠キャンパス アート・リサーチセンター 多目的ルーム
入場料・参加費/無料

主催:立命館大学アート・リサーチセンター、文部科学省 共同利用・共同研究拠点ー「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」

Read more>>

立命館大学は、このたび文化庁との共同研究事業を開始することになり、下記の通りキックオフ・シンポジウムを開催します。
是非ご参加ください。

文化庁・立命館大学 共同研究キックオフ・シンポジウム
「新たな文化芸術創造活動の創出」

20180224_A4.jpg

2018年3月24日(土)
10:30-17:00

立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
参加費無料、事前申し込み不要

【主催】文化庁 地域文化創生本部、立命館大学アート・リサーチセンター

※一般の方もインターネットでご参加いただけます。


Live streaming by Ustream

Read more>>

20171021_Symposium_A4.jpg

国際シンポジウム
Textile Pattern Designs in the Global Entanglement:
Katagami, Batik, Sarasa and 'African Prints' on the Move, 1800-2000

染色デザインの世界的連環:型紙、バティック、更紗、「アフリカン・プリント」を中心に

October 21, Saturday, 9:30-18:30
October 22, Sunday, 9:30-12:00

Venue: Art Research Center, Ritsumeikan University

参加費無料、事前申し込み不要

【主催】立命館大学アート・リサーチセンター文部科学省 共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」研究課題 「京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究」、
「糸・布・衣循環史研究会」(科研費補助金基盤B研究課題「糸・布・衣の廉価化の世界史」)

Read more>>

1 2 3