四愛

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

しあい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

謎語画題の一なり。蘭、蓮、菊、梅を画きたるものを四愛という。蘭は黄山谷の愛する所、蓮は周茂叔の愛する所、菊は陶淵明の愛する所、梅は林和靖の愛する所なるを以てなり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

の四種、蓋し『四君子』より脱化し、新に四種を選んだものであらう、文人画家の作にこれを見る。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


を言ふ、即ち菊は陶淵明、蘭は黄山谷、蓮は周茂叔、梅は林和靖の愛した所から、これを四愛といふ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


の四を配す、各項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


、梅、の四種を画く。(「」の項参照)      

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)