ARCの紹介
  1. HOME
  2. 活動報告
  3. イベント情報
  4. 2019 IAPWシンポジウム 講演のお知らせ

 [書込]

2019 IAPWシンポジウム 講演のお知らせ
2019年11月10日(日)

2019 IAPWシンポジウム
Preservation and Promotion of Printing Woodblocks in the Digital Era

日時: 2019年11月10日(日) 10:30~12:05(10:00開場)
会場: 立命館大学平井嘉一郎記念図書館カンファレンスルーム

事前申し込み不要/参加費無料

※椅子席には限りがございます(一般席は30名程度)。混雑の場合はご容赦ください。

[共催]

International Association for Printing Woodblocks(IAPW)
立命館大学アート・リサーチセンター文部科学省 国際共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点」
立命館大学 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(日本文化資源のグローバルアクション)
立命館大学アジア・日本研究推進プログラム「『アジア芸術学』の創成」
人間文化研究機構広領域連携型基幹研究プロジェクト「アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開」(「アジアの中の日本古典籍:医学・理学・農学書を中心として」ユニット)
韓国国学振興院
※なお、講演の一部は科研費19K00308により実施されます。

[問い合わせ]
立命館大学 研究部 衣笠リサーチオフィス内 アート・リサーチセンター事務局
担当:中村、河崎
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
TEL: 075-465-8476(9:00~17:30) e-mail: arc-jimu■arc.ritsumei.ac.jp(■を@に変更して下さい)


 東アジアを中心とした木版文化の意義・価値の研究と、板木の保存・活用手法の共有を目的として、2015年に設立されたInternational Association for Printing Woodblocks(IAPW、国際木版保存研究協議会)のシンポジウムを、日本で初めて、本学で開催する運びとなりました。
 第5回目となるIAPWシンポジウムは、"Preservation and Promotion of Printing Woodblocks in the Digital Era"をテーマに開催します。シンポジウムはクローズド開催となりますが、講演セッションの一部を一般にも公開致します。日本初の開催にあたり、当該分野の研究を先導してこられたお二人の講師をお招きし、お話を伺いますので、皆さまのご参加をお待ちしております


プログラム (※中国語・韓国語・英語の同時通訳あり)

2019年11月10日(日)
10:00- 開場・受付
10:30-10:35 開会挨拶
10:35-11:20 講演1
「日本中世の版木と版本」
講師:住吉朋彦氏(慶應義塾大学附属研究所 斯道文庫 教授)
11:20-12:05 講演2
「黄檗版大蔵経版木について」
講師:松永知海氏(佛教大学 仏教学部 教授)