• John Carpenter 研究室


2009年6月12日

近世視覚文化を読み解く 第2回研究会

下記の通り第2回研究会を行いました。

2009年6月12日(金)6:00~

場所:立命館大学アート・リサーチセンター 第二会議室

【研究発表】

「曲水宴の和様化―『蘭亭曲水宴』から雛祭りへ」
Nativization of kyokusuien: From “Rantei kyokusuien” to hinamatsuri
講師:Kazuko Kameda-Madar(UBC)

「近世絵画資料にみる『袖』の表現」
The Image of “Sleeve” in the Early Modern Pictorial Materials
講師:松葉涼子(立命館大学DH拠点 日本文化研究班PD)

 

【参加者】

[ARC] John Capenter教授、鈴木佳子准教授、加茂瑞穂、Kazuko Kameda-Mardar、松葉涼子

[PL参加] 赤間亮教授、張小鋼教授

【欠席】

Joshua Mostow教授

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 近世視覚文化を読み解く 第2回研究会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/2470

コメントする








  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集