謡い物の歴史 1/4

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

現代につながる謡文化

現代でも、結婚披露宴(ひろうえん)の場で《高砂(たかさご)》などの小謡(こうたい)を謡うことがある。これは、能の大成期(のうのたいせいき)からの謡い物(うたいもの)文化の一端である。