三姫

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

さんひめ


総合


歌舞伎

義太夫劇から歌舞伎になったぽ代物狂言の中で、最も難しい役柄といわれる三人の姫の役をいう。赤姫という呼び方もある。 「本朝廿四孝」の八重垣姫、「祇園祭礼信仰記・金閣寺」の雪姫、「鎌倉三代記」の時姫を指す。その外代表的な赤姫役には、「新薄雪物語」の薄雪姫、「菅原伝授手習鑑」の苅屋姫など。