研究活動
  1. HOME
  2. 研究活動
  3. 「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」プロジェクト

「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」プロジェクト

「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」は、日本の京都にある立命館大学の取り組みで、人文系と情報系の融合を狙い、京都や日本文化にかかわる無形・有形文化財のデジタルアーカイブの構築とデータベース(DB)を蓄積してきた21 世紀COEプログラム「京都アート・エンタテインメント創成研究」をさらに発展させたものです。すでに100万件以上のデータを持つ国内トップレベルの実績を誇り、マルチメディア型デジタルアーカイブなどの情報技術が人文科学の研究環境や手法を大きく飛躍させ、こうしたデジタルアーカイブが情報および人的なポータルとして、世界の日本研究機関のハブとなり得ることを証明しています。

 欧米諸国では人文系研究にデジタル技術を活用する「デジタル・ヒューマニティーズ」と呼ばれる学問分野が確立されてきました。これはまさに「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」の活動に整合するものです。現在、海外の日本文化研究は、ネットワーク型の展開を強めており、日本と海外の研究者間で、研究手法や目的に大きな乖離が生じてきています。

 本拠点はそうした世界の最先端の研究動向を踏まえ、さらに大学院を中心とした教育拠点として、グローバルな視点を持ち、海外での研究活動のできる日本文化研究者の育成を目指しています。 この構想には、ロンドン大学 SOAS、セインズベリ日本藝術・文化研究所、大英博物館、コロンビア大学中世日本研究所など海外のトップレベルの研究所・博物館との連携も計画されており、文字通りグローバルに展開しています。

2021年度 研究拠点形成支援プログラム 研究プロジェクト
No.プロジェクト名/研究代表者所属・職名・氏名
1 漢字での“遊び”と知識の発見に関するプロジェクト
理工学部・准教授  孟 林
2 ゲームという手段を通じた浮世絵などの画像公開システム開発プロジェクト
情報理工学部・教授  THAWONMAS Ruck
3 京都ストリート文化アーカイブ- 街を彩った大衆文化の記憶とその可視化- プロジェクト
映像学部・准教授  斎藤 進也
4 近代のまちを語るものたちー古写真・絵葉書・映像資料の時空間データベースの構築ー プロジェクト
文学部・准教授  河角 直美
5 「遊び」をテーマとした長江家住宅のリアルXバーチャル展示会プロジェクト
文学部・特任助教  佐藤 弘隆
6 ARC所蔵資料データベースの評価データセット作成プロジェクト
情報理工学部・教授  前田 亮
7 江戸・明治・大正期の大規模文化情報の連環による知的生産プロジェクト
文学部・教授  赤間 亮
8 文化財保全を目的とした音響デジタルアーカイブ プロジェクト
情報理工学部・教授  西浦 敬信
9 創造と学習を横断する遊びプロジェクト II
政策科学部・教授  稲葉 光行
10 「ゼロ世代」WEBコンテンツ保存プロジェクト
先端総合学術研究科・教授  竹中 悠美
11 メタヒストリーあるいは記憶の場としての日本文化資源研究プロジェクト
映像学部・教授  細井 浩一
No.コラボレーション名個別プロジェクト名研究者
1 AIとゲームシステムによる「遊べる京都文化資源アーカイブ」の構築 京都ストリート文化アーカイブ- 街を彩った大衆文化の記憶とその可視化-プロジェクト 【代表】映像学部・准教授 斉藤 進也
ゲームという手段を通じた浮世絵などの画像公開システム開発プロジェクト 情報理工学部・教授 THAWONMAS Ruck
近代のまちを語るものたちー古写真・絵葉書・映像資料の時空間データベースの構築ー プロジェクト 河角 直美
2 針を使わない音楽レコード盤からの音波抽出 文化財保全を目的とした音響デジタルアーカイブ 【代表】情報理工学部・教授 西浦 敬信
アート・リサーチセンター テクニカルサポートボード 文学部・教授 赤間 亮
ARCテクニカルサポートボード 植田そら
3 「浮世絵」で遊ぶ ARC所蔵資料データベースの評価データセット作成プロジェクト 【代表】情報理工学部・教授 前田 亮
江戸・明治・大正期の大規模文化情報の連環による知的生産プロジェクト 文学部・教授 赤間 亮