蔦紅葉宇都谷峠

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

つたもみじうつのやとうげ


総合


歌舞伎

名人四世市川小団次河竹黙阿弥の提携しはじめの力作の一つ。安政三年(1856)初演。通称「文弥殺し」。 文弥と提婆(だいば)の仁三、いわば弱々しい役と、悪役とを早替りで見せる演出が売物。現在は、全三幕にアレンジして上演され、宇都谷峠の文弥殺しが中心。 その前の鞠子の宿でごまの灰仁三にねらわれる文弥を見せて、十兵衛が義侠心から文弥を送って出る。やがて宇都谷峠で、心を鬼に主家のために文弥を殺して金を奪う。それをぬすみ見た仁三が後に十兵衛をゆすり、十兵衛は仁三を鈴ヵ森へさそい出して殺す。 殺しやゆすりの場での早替りはあざやかで、近年では六世尾上菊五郎中村吉右衛門のコンビで面白く演じた。