楓鹿図

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ふうろくず


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

紅葉した楓樹に鹿を画く、秋山遊鹿の場合は山水画であるが、これは花鳥画として画かれ、また多く工芸美術の図案となる。

光琳作蒔絵硯筥  浅見家旧蔵

乾山作楽香合   岸上家旧蔵

北林何帠筆    都筑男爵家旧蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


楓に鹿を配して画けるもの、しか「鹿」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)