市川荒次郎

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

いちかわあらじろう


総合


歌舞伎

定紋蔦。屋号大黒屋。この名義は初世市川左団次の弟市川福蔵が、「佐野系図」で五世尾上菊五郎の三浦荒次郎を代役し好評だったので、その役名を芸名にしたのにはじまる。二世は初世の子で明治二十二年生まれ。二世市川左団次の一座にいた頃、新歌舞伎の脇役で好評、また自由劇場の頃には外人役に優れた演技を見せた。市川猿之助劇団に属し脇役として貴重な存在であった。昭和三十二年没。