市川猿之助

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

いちかわえんのすけ


総合


歌舞伎

定紋三つ猿。屋号沢瀉(おもだか)屋。初世は明治大正に中芝居で活躍した二世市川段四郎の前名。。現猿之助はその長男で明治二十一年生れ。市川団子から明治四十三年二世市川猿之助を襲名。歌舞伎界のインテリで知られ、若い頃から劇界の革新を企て、青年期は自由劇場に出演、春秋座を結成、大正八年に洋行もした。また新作や新舞踊で、情熱的演技を見せた。現在は歌舞伎界の重鎮。昭和三十年芸術院会員に推され、同年一座を率い中国に渡り、芸術使節としての使命を果して帰った。