尾上松緑

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

おのえしょうろく


総合


歌舞伎

定紋四つ輪に抱き柏。屋号音羽屋。 二世は七世松本幸四郎の三男。大正二年生まれ。二世松緑襲名は昭和十年だが、早くから六世尾上菊五郎の芸風を慕い、自らその薫陶を志願した。終戦後めきめき腕をあげ、師匠菊五郎も「後世恐るべし」の言を洩らしたという。善良で朴訥な芸風驚黙阿弥物(→河竹黙阿弥)や新作によく尾上菊五榔劇団の重鎮として、丸本時代物にも芸域を広めている。菊五郎系の髪結新三、道玄、魚屋宗五郎等が当り役。なお舞踊は藤間流の、家元四代目藤間勘右衛門をついでいる。市川海老蔵松本幸四郎は実兄。