松羽目物

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

まつばめもの


総合


歌舞伎

能舞台を模して、背景に松羽目、下手に揚幕、上手に臆病口のある舞台装置で演ずる 歌舞伎舞踊の総称。この場合、衣裳演技はすべて能の形式であるから、題材も能または能狂言からとった舞踊劇(能取り物)である。これを最初に用いたのは七世市川団十郎で、「安宅」の改作「勧進帳」(天保十一年二月)はそのはじめ。