五智如来

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ごちにょらい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

密教にて一住五智を配当して五智如来という。大日如来(中央、法界体性智)、 阿閼如来(東方、大円鏡智)、弥陀如来(西方、妙観察智)、釈迦如来(北方、成所作智)、宝生如来(南方、平等性智)各其の条下を見るべし。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

五智とは大円鏡智、平等性智、妙観察智、成所作智の四智に法界体性智を加へたもので真言宗の所談であり、一に法界体性智とは、法界を体性とした智慧で理智不二絶待周遍の妙智であり、二に大円鏡智とは大円鏡の能く万物を影現するが如く、恒に有為、無島一切の諸法を縁照し内外に洞徹した真智である、三に平等性智とは怨親平等、自他平等と観じて、大慈悲心を以て一切衆生を開導し、これを証入せしめる智慧である、四に妙観察智とは善く一切衆生の根機楽欲を観察して、応病与楽、説法断疑の妙用ある智慧であり、五に成所作智とは、衆生の楽欲に随類応同して、身、口、意の三業に種々の神通変化を示現し、以て諸の衆生を聖道に入らしむる智慧である、以上の五智はこれ大日如来の成就したまへる心相で、この五智を総括するものは大日如来であるが、更にこれを別開すれば、第一大日如来、第二阿閦如来、第三宝生如来、第四阿弥陀如来、第五不空成就如来である、これを五智如来といふ。  (仏教辞林)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)