隅田川続俤

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

すみだがわごにちのおもかげ


総合


歌舞伎

奈河七五三助作、天明四年(1783)に初演。通称「法界坊」。 堕落僧法界坊は、永楽屋の娘お組に横恋慕。お組は、家宝詮議のため手代に身をやつした吉田松若に恋している。松若の許婚者野分姫は恋人を慕って東下、法界坊に殺され、法界坊は松若の家来筋道具屋甚三に殺される。宝を手に入れた松若は、お組と共に葱売となってのがれるが、法界坊と野分姫の亡魂になやまされる。 最後の浄瑠璃が有名な「双面」で、舞踊劇としてよく演される。法界坊の道化ぶりはほほえましく、六世尾上菊五郎中村吉右衛門がよく演じたが、十七世中村勘三郎も得意とした。