近頃河原の達引

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ちかごろかわらのたてひき


総合


歌舞伎

浄瑠職、三巻、世話物。為川宗輔・筒川半二・奈河七五三助合作。天明五年(1785)江戸肥前座。 天文三年に起ったお俊伝兵衛の心中事件に四条河原で芝居帰りの喧嘩刃傷事件と、猿廻しが盲目の老母に孝行して表彰されたことなどを、交ぜて脚色したもの。下の巻「堀川」が今日行われる。 井筒屋伝兵衛は祗園の遊女お俊と探い恋仲であったが、横恋慕ら横淵官左衛門と争ってこれを斬った。お俊は堀川の実家に預けられ、猿廻しの兄与次郎は妹可愛さのあまり、忍んで来た伝兵衛を逢わせまいとするが、心中を覚悟した二人の心を察し、盲の母親の手前をつくろい、猿廻しの曲をはなむけに二人を落してやる。 女心の切実な感情のこもったお俊のクドキや、与次郎の心情が見どころ。十一世片岡仁左衛門や六世尾上菊五郎の与次郎が傑作だった。