花柳流

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

はなやぎりゅう


総合


歌舞伎

日本舞踊の流派の一つで、藤間流とともに舞踊界の一大勢力をなしていた。 幕末から明治へかけて各劇場の振付を、殆んど一と手にあずかった初世花柳寿輔にはじまるが、初世は当時劇界舞踊界の大御所で、「どんつく」「勢獅子」「六歌仙」「連獅子」「土蜘」「茨木」「釣女」「舟弁慶」「かっぽれ」「戻橋」など多くの名作がある。 二世寿輔は、古典舞踊の再検討と新舞踊の創作に力をそそぐ進歩的な人。徳太郎、芳次郎の両分家のほか、劇界に花柳界に一般に、すぐれた門弟が多いことは各流随一である。花柳流は踊りに変化があり、明朗であることが特色である。