戻橋

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

もどりばし


総合


歌舞伎

常磐津舞踊劇、河竹黙阿弥作。明治二三年(1890)五世尾上菊五郎(鬼女)初世市川左岡次(渡辺綱)により初演された。 渡辺綱は源頼光の使いの帰途、京一条の戻橋で美しい扇折の娘小百合に逢う。夜道のこととて同道したが、これは愛宕山の悪鬼でいろいろと綱を誘惑する。が、ついに正体を見破られ立廻りとなり、鬼は片腕を切られて逃げ去る。 五世菊五郎の当り芸として新古演劇十種に入っている。


画題

画像(Open)

解説

[[Category:画題|もどりばし]

(分類:武者)