盲長屋梅加賀鳶

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

めくらながやうめがかがとび


総合


歌舞伎

五世尾上菊五郎に道玄という役をあてはめて、河竹黙阿弥が書いたもの、明治十九年初演。 加賀侯かかえの鳶と町火消との喧嘩と、悪按摩道玄のことが、巧みに二重脚色されている。今は道玄の方の筋を多く演ずる。 道玄はお茶の水で百姓を殺し金を奪う。さらに姪のおせつの奉公先へゆすりに行き、お茶の水での悪事を知っている鳶の松蔵に逆に油をしばられる。道玄の住む菊坂の長屋の縁の下から、百姓殺しの証拠があらわれ、本郷加賀侯門前(現東大赤門)で捕えられる。 六世菊五郎の道玄も秀逸で、尾上松緑も何度か演じている。