新六歌仙

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

しんろっかせん


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

新六歌仙は平安朝の六歌仙に擬して、後水尾天皇の新に選び玉ひし所なりという。藤原良経、慈鎮和尚、藤原俊成、藤原定家、藤原家隆、西行法師、是なり。

狩野益信図せる所、東京帝室博物館にあり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

ろっかせん「六歌仙」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


新六歌仙は『古今集』の六歌仙に擬して、後水尾天皇の新に選び給ひしものといふ、即ち

藤原良経、慈鎮和尚、藤原俊成、藤原定家、藤原家隆、西行法師

である、

なほ之を画いたものに狩野益信の作(東京帝室博物館蔵)がある。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)