敵討天下茶屋緊

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

かたきうちてんがぢゃやむら


総合


歌舞伎

敵討狂言の代表、四世大谷友右衛門が元右衛門を演じて大好評、「友右衛門か元右衛門か」などといわれた。以後この役が三枚目敵でありながら、中心人物としてクローズアップされた。奈河亀輔(ならかめすけ)作。天明二年(1782)初演。 父の仇東間を求めて、早瀬伊織・源次郎兄弟は旅をする。家来の元右衛門は酒がもとで変心、東間を手引して非人となった伊織を返り討にする。が、源次郎等はめでたく仇をうつ。 非人小屋の返り討の場は見せ場で、元右衛円の刀を肩にかついだ面白い見得をするのもここ。昭和三十二年当時は六世尾上菊五郎のもので、中村吉右衛門もまた別の味があった。