床山

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

とこやま


総合


歌舞伎

劇場内にあって鬘屋から受けついだを取り扱う専門家をいう。 すなわち鬘屋が台金に毛髪をとりつけたり、月代の部分に青黛や毛皮を張ったりして鬘を製作完成されると、床山はそれを受けとり、役柄に応じ俳優の注文にしたがって、それぞれの形に結い上げて俳優のもとに持参する。興行中は鬘の保管、整備その他一切を扱う。そのため楽屋に床山部室が附属しているが、昔は立役の鬘は「三階」、女形の鬘は「中二階」の床山がそれぞれ分担して仕事をしていた。