三階

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

さんがい


総合


歌舞伎

劇場用語。楽屋の三階のこと、江戸時代の中期以後は楽屋は三階建で、三階には座頭の部屋があり、下級俳優の雑居する大部屋があった。大部屋は、本読、稽古その他多人数の集合所として用いられた。