君子長命

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

くんしちょうめい


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

を画いて斯く題す、謎語画題で君子は四君子の一として竹を描き、長は蝶、命は猫とその字音相通ずるに拠る。

椿々山にその作がある。

又、を君子といふ、周茂叔の愛蓮説に蓮花之君子者也とあるに出づ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


をとまらせ、下にを一頭画いた謎語画題、蓋し君子は竹の意、蝶は長、命は猫と字音の相通ずる処に拠る、椿山にこれを画き、かく題した作がある。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)