五清

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ごせい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

松、竹、梅に蘭と石とを添えて五清という。又時に松、竹、石、蘭、芭蕉、又は梅、菊、竹、石、芭蕉を称することあり、文人画家の画題なり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

に石、或は、蘭、芭蕉、竹、石を共に画く。

文人画家の好んで画くところである。出処は『墨苑』に載す。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


うめ「」又はらん「」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


に、、石を添へて五清といふ、或は梅に代ふるに芭蕉を以てすることあり、と芭蕉と代ふ事もある。(各項参照)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


と石、これにを加へて五清といふ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


松竹梅に蘭石を加ふ、或は松竹石蘭芭蕉をもいふ。  (墨苑)      

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)